人生にゲームをプラスするメディア

EA第2四半期は大幅な赤字続く―1500名を削減へ

ゲームビジネス 市場

エレクトロニック・アーツが9日発表した2009年度第2四半期業績は、売上高が16億9800万ドルに対して、純損失が6億2500万ドルと、前年度に引き続き大幅な赤字が継続しています。

第2四半期の主力タイトルは『FIFA 10』『Madden NFL 10』『The Beatles: Rock Band』『Need for Speed Shift』『NCAA Football 10』といったタイトルがありました。業績が奮わない一方で、北米でのシェアは21%で首位を確保していて、John Riccitiello CEOは「パフォーマンスは良好で、コスト削減の努力を続ける一方で、ゲームとデジタルビジネスに一層の投資を行っていく」としています。

これに関連して、EAはカジュアルゲーム最大手のPlayfishを買収したことを9日付で発表しています。こちらの詳細は追ってお伝えします。


コスト削減努力として、約1500名を全世界で2009年3月末までに削減し、年間のコストを1億ドル削減するとしています。これに伴う費用は1億3000~5000万ドルになる見通しです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

    「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  7. 新春カプコンプロデューサー対談 川田将央×新妻良太 (後編) カプコンプロデューサーの仕事術

  8. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

アクセスランキングをもっと見る

page top