人生にゲームをプラスするメディア

4万個のブロックでマリオを作る-制作過程を動画で記録

任天堂 その他

4万個のレゴブロックで作られた超巨大マリオ、その制作過程を動画で見ていきましょう。

これは9月に行われた「LEGO World Fair」に出品されたマリオ像を制作する光景です。
4万個のレゴブロックで構成されており、大きさは180cm、重さは50kg、制作に160時間を費やしたかなり大規模な作品となっています。



制作を担当したのはプロのレゴビルダー。パーツを組み合わせるのではなく足元から組み上げていく方式で、台を使って手を作っていく辺りが興味深いところです。

マリオ像はチャリティを目的として造られました。
eBayに出品されて3500ユーロ(約47万円)で落札、売上はオランダのRonald McDonald House Charity(ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ)に寄付されたとのことです。

ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズは難病と闘う子供達とその家族を支援する慈善団体。病院の近くに滞在施設を作ることで家族の経済的・精神的な負担を軽減することが主な活動で、日本国内にも6カ所のハウスが存在しています。

チャリティの象徴としてマリオが選ばれたという訳で、任天堂ファンとしては嬉しくなってくる出来事ではないでしょうか。
《水口真》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top