人生にゲームをプラスするメディア

トーセ、ニンテンドーゾーン参入希望企業へのコンサルティング・開発をスタート

任天堂 DS

トーセは子会社のフォネックス・コミュニケーションズにて、任天堂の展開するニンテンドーDSを利用した「ニンテンドーゾーン」に参入を希望する企業への企画提案やコンテンツの開発等のサービス支援事業を10月より開始したと発表しました。

「ニンテンドーゾーン」は、導入されている施設にDSを持参すると、その施設独自のコンテンツ配信を受けることができるというもの。既にマクドナルドの店舗と、つくばエクスプレスの電車内で展開されています。マクドナルドでは季節のメニューの紹介やマクドナルドの取り組み、ゲームの追加コンテンツや体験版の配布が行われています。つくばエクスプレスでは、乗車中にチェックすると便利なニュースや天気など様々なコンテンツを利用できます。

フォネックスでは、ショッピングセンターや商店街などの複合商業施設、テーマパーク等の遊戯施設、水族館や博物館などの公共施設などに向けた提案、受注活動を開始しているということです。

11月21日に発売されるニンテンドーDSi LLでは画面が大型化され、こうした地域や場所に根ざしたコンテンツをDSでより利用し易くなります。上記に挙げたマクドナルドやつくばエクスプレス以外にも、イクスピアリ内のガイドや展示会のガイドなどDSを活用した実例がありますが、今後はより利用が広がっていくことになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  9. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top