人生にゲームをプラスするメディア

持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>

任天堂 DS

持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
既報の通り、任天堂はニンテンドーDSiの新バージョンとして、画面を大型化した「ニンテンドーDSi LL」を2009年11月21日より投入すると発表しました。

発表は数日前から噂されていて「画面サイズは4インチに」という情報がありました(実際には対角4.2インチ)。そこでインサイドでは「DSの画面サイズが4インチになったらどうなるか?」という予想図を用意しました。

正式発表によれば、サイズは横161.0mm 縦91.4mm 厚さ21.2mm。まずはインサイド予想と比較してみましょう。

インサイド試作品 横16cmインサイド試作品 縦9cmサイズを比較


ということで、予想と正式発表はほぼ同一という結果になりました。ワイドスクリーンになるのでは?という予想もありましたが、一般的な想定の枠を超えない製品であったとも言えるかもしれません。「DSi LL」という名称からも分かるように、DSの新バージョンではなく、あくまでもDSiのマイナーバージョンアップ版という位置づけも伺えます。画面サイズ以外に大きな変更点もありません。

以下では現行のDSiとの比較も掲載します。かなり大きくなった印象がありますが、実際に手に持ってみると、持ちやすい感触でした(初代DSとほぼ同一サイズですので当然と言えば当然ですが)。

持ってみました現行DSiと並べてみたところWiiのパッケージとの比較
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  2. 『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

    『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

  3. 3DS『めがみめぐり』発売・配信開始、サンタやナマハゲなど期間限定衣装・イベントの情報も

    3DS『めがみめぐり』発売・配信開始、サンタやナマハゲなど期間限定衣装・イベントの情報も

  4. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  8. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  9. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  10. タッチ操作でダンジョンを探索する『セヴァード』3DS版が配信決定、詳細は後日発表

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top