人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第2四半期業績を発表―大幅減益、通期の業績予想も下方修正

ゲームビジネス 市場

汎用画像 任天堂
  • 汎用画像 任天堂
任天堂は、平成22年3月期 第2四半期(4月1日~9月30日)の業績を発表しました。

それによれば、売上高5480億5800万円(前年同期比-34.5%)、営業利益1043億6000万円(-58.6%)、経常利益1106億1300万円(-53.4%)、純利益694億9200万円(-52.0%)となりました。

主力機種のWiiおよびDSでヒット作品に恵まれなかったこと、円高で推移し為替差損が膨らんだこと、Wiiの値下げによって利益率が低下したことなどから、前年同期と比較して大幅な減益となりました。

Wiiは、自社から『Wii Sports Resort』を全世界で発売しましたが、ハードを大きく牽引するソフトが不足し、期中のハードの販売台数は575万台、ソフトは7621万本となりました。

一方のニンテンドーDSは、ハードでは新型機「ニンテンドーDSi」を海外でも発売し1170万台を販売。ソフトは、国内では自社の『ポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバー』やスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストIX』などヒット作品もありましたが、海外では話題作に恵まれず、7115万本に留まりました。

これに伴い、通期の連結業績予想も下方修正し、売上高1兆5000億円(前年同期比-18.4%)、営業利益3700億円(-33.4%)、経常利益3700億円(-17.5%)、純利益2300億円(-17.6%)としています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  9. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  10. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

アクセスランキングをもっと見る