人生にゲームをプラスするメディア

iPodは業界にとって最も危険?-海外アナリストの警告

その他 全般

iPodはパブリッシャーにとって「これまでで最も危険なもの」であるとアナリストが警告します。

Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は、iPod Touchにゲームを出すことがブランドの価値を下げることになるとの見解を明らかにしました。

iPod Touchのゲームソフトは、他のゲーム機のものよりも安く販売されていることが理由。他のゲーム機では60ドル(約5400円)で売られているゲームがiPod Touchでは1/6となる10ドル(約910円)で買えてしまうことを例に挙げ、「『マッデン』のiPod版と他機種版が同じであるかどうかに関わらず、10ドルで買える『マッデン』にもう60ドル払おうとは思わないだろう」とiPod Touchがブランド力に悪影響を与えるとのコメントを発表しています。

Pachter氏は、他のゲーム機とiPod Touchがターゲットとする層は異なっているとしながらも、iPod Touchの価格が年々下がっていることにより若いユーザーが増えていく可能性に言及。「人々がiPod TouchをニンテンドーDSの代用品として見なすようになったなら、12歳以下の子供達は“ゲームとはロープライスで楽しめるものだ”と教え込まれるだろう。現在ゲームを遊ぶ20歳前後の人々はゲームボーイアドバンスから始めて他の機種へとステップアップしたが、iPod Touchから始めればそうはならないだろうと思う。アップルは彼らをとらえて放さないだろうし、それは危険なことだ。パブリッシャーとしては面白くないだろう」とコメントしました。

東京ゲームショウでもiPod系タイトルの出展数が増え、アップル側も携帯ゲーム機との対決姿勢を見せるなど、iPodシリーズを新たな携帯ゲーム機として見なす気運は高まりを見せています。新しいことが始まる前には否定的な見解がつきものとはいえ、一つのコンテンツを多機種で展開することが不可欠の現在では、ブランド力の低下は見過ごせない事態といえそうです。
《水口真》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

    随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  4. 「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. 「響け!ユーフォニアム2」新ビジュアル公開!爽やかな青空をバックに少女たちが集結

  7. 劇場版「モンスト」めくってびっくりのオリジナルシールチラシ完成

  8. 全編主観視点のFPS風映画「Hardcore Henry」が日本上陸!カナザワ映画祭2016にて爆音上映決定

  9. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達、最新作『イナズマイレブン』への質問に日野晃博が返答、コロプラがVRロボ格闘ゲームを発表…など(7/28)

  10. 「家庭教師ヒットマンREBORN!」 6年ぶり新作映像!「エルドライブ」とのコラボアニメに

アクセスランキングをもっと見る

page top