最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

女子中高生は「PS3」に興味シンシン!中高生へのアンケート結果は?

2009年9月9日(水) 20時22分

ビジュアルワークスが運営するアニメ業界マーケティングリサーチメディア「オタラボ」では2009年9月9日(水)に、ゲームに関するアンケート調査の結果を公開しました。

調査期間は2009年7月28日~2009年8月5日で、中高生3,339人(男性161人、女性3178人。11歳以下52人、12~19歳2387人、20~25歳682人、26歳以上218人)を対象に調査が行われました。

まず「持っているゲーム機は何ですか?」と調査したところ、回答者数3339人中2748人が「ニンテンドーDS」を持っていると回答しました。以下、『プレイステーション2』(2587)、「プレイステーション・ポータブル』(1661)、「Wii」(1300)、「プレイステーション3」(458)が続く結果に。

まだまだ次世代機は中高生には、ちょっと高嶺の花のようです。その一方で「欲しいゲーム機は?」の質問には「プレイステーション3」が1605票でトップに。以下、「プレイステーション・ポータブル」(1355)、「Wii」(1115)が続きました。

新発売のゲームソフトを知るきっかけについては「本・雑誌」が2132票、続いて「テレビ」「お店」といった結果になりました。最近の中高生はケータイやPCで、さまざまな情報を多く得ている一方で、ゲームに関する情報については、紙媒体から新発売のゲームソフトを知るといった、意外な結果になりました。

またソフトの購入について「1ヶ月に平均して何本ソフトを買いますか?」と質問したところ、過半数の1694票が「買わない」というやや寂しい結果になりましたが、一方で「2本」(261)、「3本」(80)という回答もあり、平均本数で考えれば上々と言えるでしょう。具体的に好きなシリーズを聞いた設問では『戦国BASARA』『ファイナルファンタジー』『テイルズ オブ』シリーズがトップ3となりました。

いよいよ9月3日に発売された新型プレイステーション3ですが、価格も安くなった分、女子中高生のあいだでヒット商品に!・・・ということも、あながちあり得ない話ではないのかもしれません。

(Article written by 冨岡晶)

その他アクセスランキング