人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オンラインマガジン9月号 年齢別レーティング制度について

その他 全般

毎月始めに任天堂ホームページに掲載される任天堂オンラインマガジン「N.O.M」。2009年9月号は家庭用ゲームを対象とした「年齢別レーティング制度」について。

ゲームソフトのパッケージを見ると、「A」「B」「C」「D」「Z」「教育・データベース」のマークがついています。これはそのゲームをプレイする年齢に相応しい対象年齢を知らせるものです。

Aが全年齢、Bが12歳以上、Cが15歳以上、Dが17歳以上、Zが18歳以上のみ、と言う具合で区分されています。教育ゲームやゲームではないデータベース系ソフトはまた別に区分されます。

基本的に任天堂から発売されるゲームはAですが、倒れた敵に剣でとどめをさす『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』や、主人公が学生からたばこと取り上げるシーンがある『ファミコン探偵倶楽部パート2 うしろに立つ少女』はB区分、『Disaster: Day of Crisis』や『零~月蝕の仮面~』など、映像表現がリアル系で過激になるとCといった具合ですね。

意外と知らないレーティングの審査の過程の話など、興味深い話が掲載されているので是非チェックしてみてください。
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】オープンワールド狩りゲー『Horizon Zero Dawn』の戦闘が熱い!メカの弱点を見抜き、外装を剥がし、武装を奪い、剥ぎ取った素材でアイテム作る

    【プレイレポ】オープンワールド狩りゲー『Horizon Zero Dawn』の戦闘が熱い!メカの弱点を見抜き、外装を剥がし、武装を奪い、剥ぎ取った素材でアイテム作る

  2. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  3. ドラマ「FFXIV 光のお父さん」OP映像公開! ゲームを通して行われた親孝行計画を実写化

    ドラマ「FFXIV 光のお父さん」OP映像公開! ゲームを通して行われた親孝行計画を実写化

  4. 娘のために作られた『魔界村』風2D ACT『Battle Princess Madelyn』フライハイワークスがローカライズすると発表

  5. アニメ「ポケモン」のサトシ&ロケット団が可動フィギュアに!プレミアムバンダイでセット商品が登場

  6. コナミの鍵盤型AC音ゲー『ノスタルジア』正式稼働スタート! 最新情報を届ける公式Twitterも開設

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 【昨日のまとめ】『知られざるカルトホラーゲーム』7選、ニンテンドースイッチを初起動する際の設定動画、『ポケモン サン・ムーン』新CMにウサイン・ボルト…など(2/28)

  9. 初音ミクが日本の“美味しい”を発信! 農林水産省とコラボした楽曲「"OISHII" TRIP」を公開

  10. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

アクセスランキングをもっと見る