人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、みんなで遊ぶマルチプレイRPG『クロストレジャーズ』をDSで

任天堂 DS

スクウェア・エニックスは、ニンテンドーDS向け『クロストレジャーズ』を2009年に発売すると発表しました。

本作は、「みんなで遊ぶ」「みんなで繋げる」をコンセプトにしたRPG。最大4人でマルチプレイが可能で、自分のワールドと友達のワールドを繋げることで、ワールドがどんどん拡張していきます。広がっていくワールドで、協力して敵に立ち向かい、新たなアイテムやスキルを手に入れながら遊びます。もちろんシングルプレイも充実。

本作は「週刊少年ジャンプ」で活躍する鈴木信也先生(「ミスターフルスイング」など)がキャラクターイラストを担当。漫画さながらの動きや表情に富んだバリエーション豊かなキャラクターで楽しめます。また、月刊「Vジャンプ」で募集された読者の意見を採用しながら、スクウェア・エニックスとVジャンプがタッグを組んで製作中だということです。

開発元はシンソフィア(元:アキ)。

プロローグ
大きな青い海に浮かぶ、小さなたくさんの島々。 ある日突然、あちこちの島に 巨大な地下世界「ダークワールド」の 入り口が現れ、島々は大混乱になってしまいました。 さらに、突如「ダークワールド」から現れた「魔王」と名乗る者に よって島々を治める王国の“お姫さま”が、地下深くに連れ去られて しまいました。 王さまは、急いで“お姫さま”を助け出せる者を 国中から探しました。そして、優秀な冒険者である『あなた』が、 選ばれし者として王さまに呼び出されました。 連れ去られた“お姫さま”の助け出し、王国に平穏を取り戻すために。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top