人生にゲームをプラスするメディア

Mad Catz、任天堂とライセンス契約

任天堂 Wii

周辺機器メーカーのMad Catzが任天堂ハードにも参入の模様です。

Mad Catzはこの度任天堂オブアメリカ(NOA)と契約を締結し、Wii、ニンテンドーDS、ニンテンドーDSi用周辺機器を制作・販売することとなりました。

同社は格闘ゲームに対応したジョイスティックなどコアな周辺機器で知られており、先日も『ストリートファイターIV』に合わせて発売された「Street Fighter IV FightStick Tournament Edition」が高評価を得たばかり。

Mad CatzのCEOであるDarren Richardson氏は「任天堂はゲーム業界にあって最もポピュラーで普遍的なキャラクターを作り出しており、公認の周辺機器を作れることになって光栄です」とコメントしています。

契約にはマリオやルイージ、ヨッシーやドンキーコングといった人気キャラクターの使用権も含まれているとのこと。現在の周辺機器はゲームとタイアップしたオリジナルデザインも珍しくないため、コアな印象のあるMad Catzがファミリーに人気の任天堂キャラクターたちをどうアレンジするのかも注目ポイントとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  2. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  5. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  6. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

アクセスランキングをもっと見る