最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂がハッカーの排除を開始-不正プレイヤーに接続禁止措置

任天堂がハッカーの排除を開始-不正プレイヤーに接続禁止措置

2009年8月20日(木) 18時58分
  • 任天堂がハッカーの排除を開始-不正プレイヤーに接続禁止措置の画像
    任天堂がハッカーの排除を開始-不正プレイヤーに接続禁止措置

任天堂はハッカーの排除を始めているようです。

Wii用のFPS(一人称シューティング)『The Conduit』ではWi-Fiのオンライン対戦でも改造コードが使えてしまうことをお伝えしたばかり。
改造コードの作者である「hetoan2」氏は「全ては無防備だった」とハッキング対策の不足を指摘。これを受けて開発元High Voltageは改造コードを使ったハッカーのMACアドレス(通信機器に割り当てられた認識番号)を収拾し任天堂に提供している……というのがこれまでのあらすじです。

こうした「物証」に対し、任天堂がどのような動きを見せるかが注目されていましたが、任天堂はハッカーの排除を開始。ハッカーのWiiにはエラーコード「20102」が表示されWi-Fiに接続できなくなっているとのことです。

「20102」はWi-Fi上で「任天堂が許可していない活動が見られた」際のエラーコード。これまでにも『マリオカートWii』での取締の際にも表示されています。

他の人が介在するのがWi-Fiですから、不正はないに越したことはありません。
誰もが安心できるオンライン環境のために、任天堂の継続した取り組みが期待されます。

(Article written by 水口真)

任天堂アクセスランキング