人生にゲームをプラスするメディア

Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール-Psycloneの商品22万台が対象

任天堂 Wii

Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール-Psycloneの商品22万台が対象
  • Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール-Psycloneの商品22万台が対象
  • Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール-Psycloneの商品22万台が対象
Wii用のバッテリーチャージャーに発火の恐れがあるためリコールされることとなりました。

「The Wii 4-Dock Recharge Station」は海外の周辺機器ブランドであるPsycloneの商品で、Wiiリモコン4台を同時に充電することができます。

米国消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission:CPSC)によれば、使用しているうちに過熱するケースがこれまでにも6件報告され、うち2件ではユーザーが手に火傷を負ったとのこと。

リコール対象となるのは商品底面のラベルに「PSE6501」「RT530」の番号が記されたもので、2008年1月から22万台が販売されたとされています。

米国消費者製品安全委員会は、当該商品の使用を中止して返品するように指示。電話もしくはeメール(productsafety@psyclonegamer.com)で販売元Griffin Internationalに連絡を取るか、ウェブサイト(www.psyclonegamer.com/Wii4Dock)を訪問することを推奨しています。

近年は都市圏のゲーム店や個人輸入などで海外製の周辺機器を手に入れる機会も多いため、4台型のバッテリーチャージャーを持っている人は忘れずに底面のラベルを確かめて下さい。
《水口真》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top