人生にゲームをプラスするメディア

DSで血しぶき飛び散るFPS『C.O.R.E』の動画を公開

任天堂 DS

海外ゲームサイトGametrailersはニンテンドーDS用FPS(一人称シューティング)『C.O.R.E』の動画を公開しています(年齢認証あり)。

『C.O.R.E』はM指定のFPS。巨大な包丁を持った「The Butcher Sergeant」や軍人風の「Captain Nightley」「Rufus」といった荒くれ者たちと謎の施設や洞窟で戦うシーンが見られます。



さすがにM指定(17歳以上)だけあり、血しぶきが飛び散りまくるハードな戦闘シーンです。ニンテンドーDSやWiiといった任天堂ハードにおける高レーティングゲームに注目が集まる昨今ですが、『グランド・セフト・オート チャイナタウンウォーズ』はビッグタイトルである『GTA』シリーズであるにも関わらず業界の予想を下回る売れ行きとなってしまっています。No Way Studioは『C.O.R.E』がデビュー作となりますが、どれだけの成果を上げられるのか、今後を占う意味でも注目のケースといえそうです。
《水口真》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top