人生にゲームをプラスするメディア

Wiiでどんなゲームが遊ばれているのか−不動の2トップとは?

任天堂 Wii

海外ゲームサイトVG247では、米国のWiiでどんなゲームが遊ばれているかの集計結果を公開しています。日本のプレイヤーにも興味深い内容ではないでしょうか。トップ10を見ていきましょう。

1:『大乱闘スマッシュブラザーズX』
2:『ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック』
3:『街へいこうよ どうぶつの森』
4:『ファイアーエムブレム 暁の女神』
5:『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』
6:『Call of Duty: World At War』
7:『牧場物語 やすらぎの樹』
8:『Rock Band2』
9:『ルーンファクトリー フロンティア』
10:『レゴ スター・ウォーズ コンプリート サーガ』

以上は米国版「みんなのニンテンドーチャンネル」からのデータです。任天堂ソフトは4本で、日本製ソフトは6本。4本の海外ソフトは音楽ゲーム、FPS(一人称シューティング)、キャラクターものと海外らしい結果となっています。

『大乱闘スマッシュブラザーズX』と『ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック』は不動の2トップ。『ファイアーエムブレム 暁の女神』『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のプレイ時間がほとんど変化していないのが興味深いところ。『街へいこうよ どうぶつの森』は急激にプレイ時間を伸ばしています。

2トップ+『街へいこうよ どうぶつの森』にはマルチプレイやDLCなどインターネットに繋ぐ動機が用意されており、見事に狙いが当たった形となります。

『レゴ スター・ウォーズ コンプリート サーガ』も根強く遊ばれているようです。同作は北米におけるWiiの2009年上半期トップ5にもランクインしており、日本からはちょっと想像できないのが面白いところです。
《水口真》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る