人生にゲームをプラスするメディア

iPhoneで懐かしの80年代サウンドを楽しめる音楽アプリ『8Bitone(エイトビットーン)』発売!

ゲームビジネス その他

ユードーは2009年6月8日(月)に、ソフトウェアシンセサイザ音源を搭載した、iPhone/iPod touch向け音楽シーケンサー『8Bitone(エイトビットーン)』の販売を開始しました。iTunesが運営するAppStoreより、全世界向けでの販売となります。



ユードーでは2008年10月より、iPhone/iPod touch向け音楽ゲーム『エアロシリーズ』(エアロ・ギター、エアロ・シンセ、エアロ・ドラム)を配信しており、現在までに国内・海外含め合計350万以上のダウンロードを達成しています。また、ピアノの演奏を楽しめる『Piano man』シリーズ、サックスを演奏できる『Sax man』、ロボットボイスをリアルタイムで発音できるボコーダーシンセサイザー『SV-5』など、数多くの音楽アプリケーションを開発・販売しています。

今回新発売となった『8Bitone』は、ファミリーコンピューターや80年代の8Bitパソコンに搭載していたサウンドチップをシミュレーションしており、懐かしいピコピコサウンドを再現できる音楽アプリケーションです。音楽の知識がなくても簡単に編集ができる、ソフトウェア音源と、ピアノロール式作曲機能、キーボードで構成されていて、シンセサイザーの知識がなくても大丈夫。iPhone/iPodTouchのマルチタッチ機能に最適化しているので、指先で簡単に作曲ができます。

シンセサイザー部分は、つまみやスイッチ、スライダーで構成されており、意味が分からなくても、適当に操作することで簡単に音を変えることができてしまいます。シンセサイザーの基本的な仕組みを学ぶこともできるし、もちろん感覚だけで作曲することも可能。今後のバージョンアップでは、作成したオリジナルサウンドを世界中のユーザーに配信、交換できる機能が追加される予定です。

ユードーは、今後、これらのサウンド制作アプリで作ったサウンドをサーバに保存するストレージサービスや、インターネット上に配信・視聴できるポータルサービスなどを予定しており、サウンド制作ツールからメディアの運営など、独自の音楽事業の確立に注力していくとのこと。なお、詳細は、2009年6月8〜13日のApple WWDC期間中に発表される予定です。

『8Bitone(エイトビットーン)』の価格は1,000円(米国8.99USドル)です。
《池本淳》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

    【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  4. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  5. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  6. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

  7. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  8. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  9. VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

  10. 【海外の声】「PS VR」を遂に購入したゲーマーの反応は?

アクセスランキングをもっと見る