人生にゲームをプラスするメディア

【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」

ゲームビジネス その他

【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
  • 【GTMF2009】ゲームUIをFlashで作成「Scaleform GFx」
「Scaleform GFx」は、ゲームのUI(ユーザーインターフェイス)をAdobeのFlashで作成するためのツールです。発売済みのタイトルはまだ数十作品に留まりますが、合計300以上のゲームが現在開発中で、『Crysis』『Mass Effect』といった大型タイトルで採用実績があります。GTMF 2009では、同社で日本マーケットを担当する阿部剛寿氏が本製品の概要と新バージョンなどについてプレゼンを行いました。



UIというと様々な種類がありますが、「Scaleform GFx」ではメニュー画面やダイアログ表示、HUD(ゲーム画面の上に重なるテキストや様々な情報)といったものだけでなく、3Dポリゴンに張り付けるテクスチャや、Flashで作成したゲームをそのまま走らせて家庭用ゲーム機で動かすといったことも可能となっていて、いわばFlashをゲーム機上でレンダリングするミドルウェアと言っても良いでしょう。当然、クラスプラットフォーム対応で、Wii、PS3、Xbox360、PSP、PS2といった主要ハードの認定されたミドルウェアとなっています。加えて、Unreal Engine3、Gamebryo、CryEngineといったゲームエンジンとの統合にも優れています。



製品はWYSIWYGで直感的に利用でき、プログラマだけではなくデザイナーだけでも使い易く、開発効率のアップや、本筋であるゲームのクリエイティブな部分により時間を割けるようになることが期待できます。同様のツールを自社内で開発しているメーカーも存在しますが阿部氏は、「自社で作るより、お金をかけて用意された業界標準のツールを使えば、世界に広がるユーザーコミュニティとサポートを利用でき、かつ自社で整備を行っていくよりも効率的」と述べていました。

現在、バージョン3の準備が進められていて、新バージョンではテスト時にメモリの使用量が一目で把握できるインターフェイスや、サウンド再生の機能がサポートされるようです。また、Scaleform CLIK(Common Lightweight Interface Kit)として、簡単に組み合わせることで実用的なゲームUIを作成できるパーツ集の提供も行われるようです。



加えて、CRI・ミドルウェアとの提携が発表され、動画再生ソリューションであるCRI Movieとの連携が図られるようになります。これにより、Flash内に動画を再生したり、Action Scriptから動画再生をコントロールできるようになります。動画にα値を持たせて半透明にしたり、途中からの再生や、指定されたフレームでアクションを起こしたりといった機能もあります。

先日発表されたフォントワークスとの提携ではベクターフォントの利用が容易になっています。国内でも大手パブリッシャーに一部採用されているもののまだ日本マーケットはまだまだということですが、採用拡大に向けて期待が持てるソリューションになるのではないかと感じました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  4. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  8. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  9. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  10. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

アクセスランキングをもっと見る