人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】セガ希望退職者560人募集、アミューズメント施設3割店舗閉鎖(2/12)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「レトルトカレーの日」です。1968年の今日、日本初のレトルトカレーが発売されたことから、発売元の大塚食品株式会社が制定。その商品名は「ボンカレー」。2009年で発売から41周年を迎え、今も多くのカレーファンに愛され続けています。ちなみに同日「ボンカレーの日」も大塚食品により設定されています。
今日のご飯はレトルトカレーにしよう!・・・と思った著者でした。

日経産業新聞4面「セガが店舗3割閉鎖、希望退職560人を募集」
セガサミーホールディングスは10日、傘下のゲーム大手セガのリストラ策を発表しました。3月末までに従業員560人程度の希望退職者を募集。全従業員の18%が対象で募集期間は10日から2週間程度。ゲームセンターなどアミューズメント施設なども3割閉鎖します。アミューズメント機器開発と施設運営、国内向けゲームソフト販売が不振で固定費削減が不可欠と判断しました。人件費だけで年間50億円程度の改善行為化を見込みます。現在、322店あるうち、収益性や将来性が低いと判断した110店を9月までに順次閉鎖をします。セガのアミューズメント施設はピーク時の1993年(1231店舗)から約1/6に縮小する事になります。

日経産業新聞4面「歴代の人気キャラずらり、ディシディア ファイナルファンタジー」
2008年年末商戦で一番売れたスクウェア・エニックスからPSP向けに発売された『ディシディア ファイナルファン体ー』と、シニアディレクターの荒川健さんが紹介されています。
「長年培ってきたFFファンのイメージを壊さないようにしたうえ、ネットを活用するプロモーション戦略が奏功した」と勝因を分析。格闘アクションは有力作品でも販売が10万本以下になる事もあり、国内では比較的ニッチなジャンル。しかし、FFの冠をつける以上妥協は出来ません。開発部門と宣伝部でチームを組み、週1回ペースで定例会議を開くなど、異例の協力体制で計画を練りこみ、宣伝効果を最大化する戦略を考案しました。発売前のプロモーション映像などでは、FFらしい世界観といったRPG的要素を打ち出しました。格闘アクションのファンに加え、RPGファンにも違和感無く購入してもらう狙いです。
発売後はネットでユーザーの“能力”を生かす作戦を採りました。プレイ動画をパソコン用ファイルとして抽出・編集出来る機能を利用できるようにしました。「ユーザーが格好いいビデオを作り、ネットで宣伝してくれる」との思惑がそこにありました。
現在手掛けているのは海外版の展開。年内には発売する予定で「ゲームも配信で体験版を試せる時代。クライマックスを冒頭に持ってくるなど映画的手法でユーザーを引き付け、悪いイメージを持たせないようにする」と次の戦略を練るとコメントしています。
《まさと》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  8. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る