人生にゲームをプラスするメディア

米国の2008年トップ10は半数を任天堂ゲームが占める

ゲームビジネス その他

米国の調査会社NPDグループは2008年の米国での売上トップ10を発表しました。

1位は『はじめてのWii』で528万本。2位が『マリオカートWii』の500万本。3位は『Wii Fit』で453万本。4位は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の417万本。5位が『グランド・セフト・オートIV』Xbox360版で329万本となります。

1. はじめてのWii (任天堂 Wii) 528万本
2. マリオカートWii(任天堂 Wii)  500万本
3. Wii Fit(任天堂 Wii) 453万本
4. 大乱闘スマッシュブラザーズX(任天堂 Wii) 417万本
5. グランド・セフト・オートIV(Take-Two Xbox360) 329万本
6. Call of Duty: World At War (Activision Blizzard Xbox 360) 275万本
7. Gears of War 2 (マイクロソフト Xbox 360) 231万本
8. グランド・セフト・オートIV(Take-Two プレイステーション3) 189万本
9. マッデンNFL 09(Electronic Arts Xbox 360) 187万本
10.マリオカートDS(任天堂 ニンテンドーDS)  165万本

このランキングでは同じソフトでも機種ごとに計算されていますが、『グランド・セフト・オートIV』(GTAIV)はプレイステーション3とXbox360版の両方がトップ10入り。あわせて518万本となっており、『GTA』シリーズの強さが伺われます。

Wiiのソフトはトップ10中4本で、いずれも任天堂製。プレイステーション3は8位の『グランド・セフト・オートIV』1本。Xbox360は10本中4本、ニンテンドーDSは1本で、任天堂のソフトが10本中5本と半数を占めるトップ10となりました。

2008年の米国のソフト売上は前年比19%アップですが、NPDグループのMichael Klotz氏は不景気の影響がなければもっと成長が見込めたとする見解を明らかにしています。Klotz氏は同時に「ゲーム産業にとって幸運なことは、ゲーマーがゲームへの出費を減らすつもりがないことだ」ともコメントしています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  7. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  8. 爽快な全方位ロボSTG『重竜騎兵ドラグアームズ』新体験版が頒布―コミケ90レポ

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. 【TGS2016】「うらら」と共演できる『スペースチャンネル5 VR』にウキウキ!いい時代になったなぁ…

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top