人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】Wiiリモコンと共に戦う任天堂

ゲームビジネス その他

クリスマスシーズン真っ盛りの今週は、Wiiリモコンに関して様々なニュースが飛び込んできました。

海外サイトdhreck.comのDHRECK氏はヘンプ(麻)の糸を使ったリモコンカバーを作りました。3種のヘンプの糸が表面を隙間無く覆っており、名付けて「Hemp-Mote」。Wiiリモコンとしての機能はキチンと保っており、ハイテクがヘンプの柔らかさで包まれた印象深い作品となっています。

Wiiリモコン+ヌンチャクの「二つの棒が紐(ケーブル)で繋がれている」というフォルムはどこか懐かしの玩具風でもあり、DHRECK氏の発想の原点もそこにあったのかも知れません。

英国の広告基準協議会は、EAの『タイガー・ウッズ PGA TOUR 09』のCMを「まぎらわしい」とする声明を発表しました。

CM自体はWii・Xbox360・PS3といったマルチプラットフォーム用のものですが、タイガー・ウッズがWiiリモコンをスイングした後にXbox360用のゲーム画面を挿入したことが理由で、当該CMは放映が差し止められる模様です。

リモコンのスイング=Wiiという訳で、「Wiiリモコンを振る」姿がいかに印象的であるかを示す事例といえるでしょう。

これらの事例からも分かるように、Wiiリモコンは実に印象深いインターフェースです。「振る」という簡単かつ見た目に面白そうな動作であり、使っている姿は(ゲーム機としては)他に類を見ない。リモコンを振る姿そのものがWiiの広告であると言うわけです。

印象的で目立つだけに事件も多く、任天堂は「Wiiリモコンジャケット」を無償配布し、ストラップを強度の高いものにするなどの改良を続けています。「新しいものを生み出す」ということは、品物を出荷して終わりではありません。アフターケアまで行って初めて新しいものを生み出したといえるのです。任天堂はWiiリモコンと共に戦っているといっても良いでしょう。

これらのケースは単なるトラブルではなく、極めて貴重な事例。新しいものが世に出るということはどういうことなのか。どういった訴訟を起こされるのか。
任天堂のライバル達はWiiリモコンとヌンチャクの事例を研究していることでしょう。本当のコントローラー戦争となるのは次の世代です。どんな形になるのか。どんな仕掛けを詰め込むのか。敢えてスタンダードとするのか。任天堂及びメーカー各社はWiiリモコン越えを果たすことができるのか。次世代のコントローラーが新しく使いやすく楽しいものであることを期待したいところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

    『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  3. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 【TGS2016】漫画の文脈を飛躍させるスクエニ「VR×漫画 "Project Hikari"」の可能性

  6. 今年のテーマは「GAME」をイメージ!桑沢デザイン研究所の文化祭!『桑沢祭ファッションショー'09』レポート

  7. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  8. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  9. CRI・ミドルウェア、スマホ向け「CRIWARE」に無償プランを導入

  10. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

アクセスランキングをもっと見る