人生にゲームをプラスするメディア

「マイクロソフトは任天堂買収を考えていた」ピーター・ムーア氏

任天堂 その他

英紙ガーディアンにて、現在はエレクトロニック・アーツでEAスポーツブランドを統括するピーター・ムーア氏が昔を振り返っています。セガオブアメリカで辣腕をふるい、その後マイクロソフトでXbox事業を推進し、現在はEAのムーア氏、インタビューではセガ時代やマイクロソフト時代で興味深い話を広げています。

マイクロソフトがXboxに参入する頃に噂に上った、マイクロソフトによる任天堂の買収についても触れられています。

「(CEOの)バルマーは私がどうやってマイクロソフトを勝利に導くか――ソニーに対抗し、任天堂といかにして競争、もしくは買収するかどうか知りたがっていました。その頃は最初のマシンについてや、どうやって買収するかよく話してました。でも次のマシン、Xbox360を考える頃には、視野にはソニーしかなく、任天堂は話題に上りませんでした」

マイクロソフトによる任天堂買収は報道に上がったこともあります。

「バルマーはコンシューマーエンターテイメントの世界でマイクロソフトが果たすべき大きな役割を描いていました。Xboxはその重要な一つでした。実のところソニーは余り気にしてなく、ソフトウェアやサービスの面で彼らをリビングルームから追い出そうとしていました。そして私は2003年2月1日からマイクロソフトで働くことになります」
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  2. 【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

    【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  5. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  6. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  10. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

アクセスランキングをもっと見る