人生にゲームをプラスするメディア

D3パブリッシャー、2009年3月期Q1業績を発表―コンシューマー低迷ながらモバイルは好調

ゲームビジネス その他

D3パブリッシャーの親会社であるディースリーは、平成21年3月期 第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は18億8900万円(前年同期 21億7400万円)、営業利益▲10億9300万円(3700万円)、経常利益▲8億6700万円(1億2200万円)、純利益▲8億5800万円(▲1億2900万円)となりました。

コンシューマ事業では新規に「SIMPLEシリーズ」5タイトルを発売したほか、フルプライスの『CR新世紀エヴァンゲリオン〜使途、再び〜』を発売しました。海外では新規はないものの、前期タイトルの出荷が好調でした。ただ、『darkSector』は競合タイトルもあり、伸び悩み、小売店への販売支援費用を計上しています。コンシューマ事業は売上高16億0500万円に対し、営業損失12億2000万円でした。

一方で、モバイル事業は月額課金、ダウンロード課金ともに好調に推移し、売上高2億8400万円、営業利益2億200万円となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

    カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. スクエニ、『ドラクエ11』の開発スタッフを募集 ― 『ドラクエ10』もPS4版開発に伴い募集内容を追加

  8. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  9. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る