人生にゲームをプラスするメディア

D3パブリッシャー、2009年3月期Q1業績を発表―コンシューマー低迷ながらモバイルは好調

ゲームビジネス その他

D3パブリッシャーの親会社であるディースリーは、平成21年3月期 第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は18億8900万円(前年同期 21億7400万円)、営業利益▲10億9300万円(3700万円)、経常利益▲8億6700万円(1億2200万円)、純利益▲8億5800万円(▲1億2900万円)となりました。

コンシューマ事業では新規に「SIMPLEシリーズ」5タイトルを発売したほか、フルプライスの『CR新世紀エヴァンゲリオン〜使途、再び〜』を発売しました。海外では新規はないものの、前期タイトルの出荷が好調でした。ただ、『darkSector』は競合タイトルもあり、伸び悩み、小売店への販売支援費用を計上しています。コンシューマ事業は売上高16億0500万円に対し、営業損失12億2000万円でした。

一方で、モバイル事業は月額課金、ダウンロード課金ともに好調に推移し、売上高2億8400万円、営業利益2億200万円となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  2. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  5. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  6. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  7. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

アクセスランキングをもっと見る

page top