人生にゲームをプラスするメディア

「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着

ゲームビジネス その他

「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着
  • 「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着
  • 「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着
株式会社フロンティアワークスより7月24日に発売される「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」。先日発売決定をお伝えしたそのドラマCDの、書き下ろしジャケット写真とプロデューサー・声優陣からのコメントが到着しました。



■製作プロデューサーインタビュー

―――どうして今、メタルスレイダーグローリーなのか?

製作プロデューサー: ぶっちゃけ共同制作しているWAYUTAさんからの持ち込み企画なんですよ(笑)。「何で今なの?」と逆質問したら、メタルスレイダーを熱く語られまして…。私も作品名は知っていましたが、作品自体はかなり古い部類に入るので、今頃大丈夫かいな? というのも正直な気持ちとしてありました。まあそうは言いましても任天堂のWiiで配信されたというのが大きいですよね。あとはWAYUTAさんの勢いというか熱意に弊社が乗ったという感じですね(笑)。

―――どのような内容のドラマCDになるのか?

製作プロデューサー: 忠が熱く、あずさは可愛く、それをエリナは嫉妬するみたいな…って、これじゃ分らないですね(笑)。ドラマCDの内容はゲーム原作に沿った感じでシナリオを起こしてあります。シリアスな展開が多いので聴いているこちら側もハラハラします。きっと熱いキャラクターたちに感情移入できると思います。ただ全編シリアスでは聴き疲れしてしまいますので、ちゃんと息抜きのシーンもありますのでご安心下さい。あと、忠とあずさのラブラブぶりを見せつけられるエリナ…というか柚木さんが最後に爆発します(笑)。ここは当方一押し「おススメ」として上げさせて下さい(笑)。

―――期待しているユーザーに一言

製作プロデューサー: ストーリーはもちろん、キャスト陣の熱演も素晴らしいので一気に聴けると思います。ボーナストラックとして何故か予告編もたっぷり入っています。理由は「ブックレットを要確認!」という事で。この予告編を聴いて予習してから聴くのも良し、本編を聴いてから復習の為に予告編を楽しむのも良しと、聴き方によって色々と楽しめるはずです。予告編もそうですが、キャストコメントも思いの他長いので、覚悟して聴いて下さい(笑)。本編、予告編、キャストコメントと非常に盛りだくさんな内容なので、きっと満足してもらえると思います。

■出演声優陣インタビュー

収録直後の集合写真:原作者の☆よしみる,先生と


Q1 . 収録を終えての感想
Q2 . 個人的な「このCDの聴きどころ」「オススメ箇所」
Q3 . ドラマCDを期待している皆さんへのメッセージ

■日向忠役:宮野真守さん

A1 . いきなり最終回というのも、なんだか不思議な感じだったのですが、それこそスタジオ内は、ずーっと一緒にやってきたかのような仲の良さで、めちゃくちゃ盛り上がりました(笑)

A2 . 第一話からの予告ですね(笑) 予告だけ録るというのも初めての試みでした。ギャグテイストが強くて、すごく楽しかったです! しかし忠のシスコンっぷりたらすごいな…(笑)

A3 . 本当に隅々まで楽しめるCDになったと思います!(ボーナストラックに収録されている)キャスト座談会はもうくちゃくちゃです(笑) 皆さんも是非楽しんで下さい!


■エリナ・ファーファ役:柚木涼香さん

A1 . 半年間一緒にやってきただけあって(!?)チームワークがとても良く、和気藹々とスムーズに収録をすることができました。楽しい現場だっただけに終わってしまうのが淋しいです……。「エリナ・ファーファ」という名前の響きが好きです♪

A2 . 本編はもちろんですが、なんとテレビシリーズ(!?)全26話分の予告+αの音声が収録されるんです! これは前代未聞なのでは? 「えー! どういう事ーっ!?」と私達もビックリでしたが……聴いてのお楽しみです♪

A3 . ファミコン時代にこのゲームに熱中された方も多いと思います。時を越えて、あの感動が再びです!全く初めて知るという方にも、是非聴いて頂きたいです。楽しみに待っていて下さいね〜♪

■日向あずさ役:田村ゆかりさん

A1 . 本当に2クール続いていた作品みたいに、和気藹々とした感じでした。

A2 . 予告がとても楽しいです。本編もシリアスで先がとても気になりますよ。

A3 . 17年も昔の作品がこうしてメディア展開しているのは、本当にすごい事だと思います。原作のゲームが好きだった人も、懐かしく思いながら聴いてくださると嬉しいです。

■如月やよい役:今井麻美さん

A1 . 長期に渡る収録が終わってしまい、なんだかとても夢見心地です。うぅ……。それにしてもとても楽しい現場でした。まさか取り始めがあの部分とは! (さて、どこでしょう?)

A2 . 忠君の男性に対するやんわりしたイジワルがツボです。「そんなことより」って(笑)緊迫した戦闘を是非聴いてください!

A3 . このゲーム十数年前に発売されたという事が、本当に凄いなあと思いました。カットがひとまわり大きいし!良い物は時を経ても良いものだという事をあらためて知りました。Wiiで出てるんですね……。よし、ダウンロードしてみよーっと。

■キャティ・ヴィトレイ役:折笠富美子さん

A1 . あっという間の収録という感じで楽しかったです。

A2 . おまけがいっぱいなところ。本編はいきなりクライマックスですが、シリーズ通しての予告編がついてるのが面白いです。

A3 . 懐かしく思われている方もいらっしゃると思います。皆さんに楽しく聴いていただけたら嬉しいです。

■技・燕改役:代永 翼さん

A1 . とても楽しい収録でした。始まった瞬間からとてもいいチームワークで、本当に前々からやっていたのではないか? と思うぐらい、和気藹々とした現場でした。笑いが絶えない収録でしたね!!

A2 . ドラマCD本編ももちろん楽しいのですが、予告を皆で読んでいるトラックは楽しんでいただけると思います。あとはやっぱり熱いバトルシーンだと思います。小夜子の正体がわかってからも聞き所ですね。(笑)

A3 . とってもすばらしい作品に仕上がっていると思いますのでゲームからのファンだったという方も、今回初めて知ったという方も、この作品の面白さがあますことなくつまっていると思いますので、ドキドキしながら、また笑いながら聴いてくださるといいなと思いますので、よろしく御願いします。

■シルキーヌ・マルソー役:田中敦子さん

A1 . 長くレギュラーをご一緒している仲間みたいな、楽しいスタジオでした。

A2 . 予告が面白かったので、予告を聴いてください。

A3 . 十数年前からヒットしているゲームのCD化だそうですヨ。ゲームをご存知の方も、ご存知でない方もお楽しみいただける作品だと思います。色々なことを想像しながら聴いてくださいね。

■製品詳細

タイトル:ドラマCD メタルスレイダーグローリー
品番:FCCT−0073
発売日:2008年7月24日(予定)
定価:3150円(税込)

製作・発売:株式会社フロンティアワークス
企画制作:株式会社WAYUTA
販売協力:ジェネオンエンタテインメント株式会社

(C)2008. ☆YOSHIMIRU/フロンティアワークス
《Decors》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  4. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  5. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

  8. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  9. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る

page top