人生にゲームをプラスするメディア

欧州も任天堂が制する歴史的事態、と調査会社DFC Intelligence

任天堂 その他

市場調査会社のDFC Intelligenceは、今後数年の欧州市場は任天堂中心に展開するだろうというレポートを発表しました。DFCは2007年の業界動向として2つの注目トピックがあったとして (1)引き続きオンラインPCゲームが好調 (2)任天堂が世界規模で成功を収めた の2点を挙げました。その上で、欧州は任天堂が唯一不得意としていたソニーのテリトリーであり、それが覆ったのは世界全体で見ても大きな地殻変動であったと述べています。

前世代のPS2は世界的に大きなシェアを確保しましたが、欧州では特に80%を超えるシェアを獲得するなど圧倒的でした。特にそのシェアを背景に『SingStar』やEyeToyのカメラなどカジュアル路線が大きく成功していて(それらは今年2月にSCEを去ったフィル・ハリスン氏が指揮していた)、それに代わって任天堂が同じようなカジュアル路線で欧州での成功を収めているのは皮肉な現象だとレポートはしています。

DFCでは既に圧倒的な地位を占めているDSのみならず、Wiiも今後5年間はPS3やXbox360を上回るペースで普及すると予測しています。

1つの象徴としてレポートではKONAMIの『ウイニングイレブン2008』(現地ではPro Evolution Soccer 2008)が挙げられていています。世界一フットボールが愛されている欧州で、マルチプラットフォームの中でWii版が、ゲームのメタスコアを提供するMetacriticやGamerankings.comでトップのレーティングを獲得したことを触れています。

ただし、欧州でもWiiが前世代のPS2のような圧倒的なシェアを占めることは考え辛く、DFCでもシェアは50%を上回らないだろうとしています(『WoW』や『GTA4』をやりたい人もいっぱい居ると)。また、カジュアル市場を強く意識したハードということから、タイレシオはPS3やXbox360を下回るのではないかとしています。ただ、それでも伝統的に弱かった欧州で強さを発揮しているのは歴史的な出来事と言えるのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

  2. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  3. 『スプラトゥーン2』ではジャイロ感度も設定可能に、オプション画面の画像が公開

    『スプラトゥーン2』ではジャイロ感度も設定可能に、オプション画面の画像が公開

  4. 『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種類の映像公開! 最多キャラ&最多コースで新たな戦いに臨め

  5. 4月からも『星のカービィ』25周年イベントが盛りだくさん!東急ハンズ・東京駅・ヤマシロヤで3イベントが開催

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチがゲームキューブ風に!海外クリエイターが懐かしのカスタマイズに挑戦

  8. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  9. 【3DS DL販売ランキング】『モンハン ダブルクロス』初登場首位、『@SIMPLE DL』シリーズも続々ランクイン(3/23)

  10. 『星のカービィ』25周年記念コンサートの追加公演が開催決定!Web先行予約受付も実施中

アクセスランキングをもっと見る