人生にゲームをプラスするメディア

新ゲームサイト「iNSIDE」スタートにあたって

ゲームビジネス その他

みなさんこんにちは。本日より新ゲームサイト「iNSIDE」が運営をスタートしました。これまで任天堂関連情報を扱ってきた「Nintendo INSIDE」と、オンラインゲーム情報を取り扱ってきた「Slash Games」が統合し、総合ゲーム情報&コミュニティサイトとして本日6月1日より新しいスタートを切ることになりました。

iNSIDEの使命は3つあります。

まず1つ目は、全てのゲームプレイヤーにとって最高の情報ソースになることです。日々更新される最新ニュースから、新作のレビュー、開発者へのインタビューまで、ユーザーの視点、社会の視点、業界の視点、3つの目から多角的に今を伝えていくメディアでありたいと思います。

2つ目は、どんどん参加できるサイトにしたいということです。例えばユーザーレビュー。1人の素晴らしいプロのレビューを読むのも良いですが、10人の多角的な視点を読む方がもっと役立ちます。また、沢山のゲームユーザーと交流することは単純に楽しいものです。iNSIDEは、ゲームをもっともっと楽しむ為のコミュニティサイトでありたいと思います。

最後に、この2つを達成することで新しい時代のメディアを実現したいということです。従来のメディアは情報の発信者と受信者がいて、その間で上から下に情報を流す役割でした。しかし、それがこれからもスタンダードであるとは思いません。インターネットという新しいメディア、誰もが参加できるメディアで新しい形のゲームメディアをみなさんと共に実現していきたいと思います。

そして何よりも重要なことは冷静なプロであるより、情熱を持った素人でありたいということです。iNSIDEには、素晴らしいジャーナリズムや、心を打つような文章は無いかもしれません(将来的には身につけたいところですが・・・)。しかし、ゲームを好きだという情熱とやる気と行動力は何処にも負けるつもりはありません。

旧Nintendo INSIDEの読者の皆様、旧Slash Gamesの読者の皆様、そして本日初めて訪れてくれた皆様、iNSIDEは2つのサイトの良さを引き継ぎながら、新しい形のゲームメディアを実現していきます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。そして是非とも参加していって共に新しいメディアを作ってもらえればこれほど嬉しい事はありません。

2007年6月1日
iNSIDE編集長 土本学(Mr.Cube)

プレスリリースもご覧ください
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  2. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  3. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る