人生にゲームをプラスするメディア

「来期は売上高1兆円を目指す」任天堂が業績予想を大幅上方修正(2)

ゲームビジネス その他

任天堂が本日午後2時に発表した2007年3月期の連結業績予想によれば、連結経常利益は前回予想よりも400億円多い、2100億円となる見込みだそうです。純利益は1000億円から1200億円に、売上高は7400億円から9000億円に修正されていて、岩田社長は会見で「来期は売上高1兆円を念頭に努力する」と述べました。

要因としてはニンテンドーDSが引き続き好調であること、Wiiの立ち上げが順調であったことなどが挙げられます。DSソフト売り上げは遂に今期だけで、1億本に達する見込みです。本体も2300万台が今期中に売れる見込みです。Wiiについては今期中に600万台という数値は修正しませんでしたが、ソフトは1700万本から2100万本に上積みされています。

配当予想も従来から80円増やして年間480円になる見通しです。

売上高はこれまで長く5000〜6000億円で続いてきましたが、一気に9000億円、来期には1兆円目標と一気に駆け上がりましたね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. TPSの形をした日本的アクションの最新形態『VANQUISH』稲葉敦志プロデューサーに聞く・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第11回

    TPSの形をした日本的アクションの最新形態『VANQUISH』稲葉敦志プロデューサーに聞く・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第11回

  3. HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

    HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

  4. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

  5. 『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

  6. バンナムの巨大ロボVR『アーガイルシフト』豪華スタッフ陣が公開!原田勝弘、Production I.G、柳瀬敬之など

  7. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  8. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  9. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  10. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

アクセスランキングをもっと見る