人生にゲームをプラスするメディア

スパイクとアイドスが国内での販売で提携

ゲームビジネス その他

日本のパブリッシャーであるスパイクと、英国のパブリッシャーであるアイドスインタラクティブは日本国内でのアイドスタイトルの取り扱いについて提携関係を結んだ事を発表しました。

提携によれば最初にまず3つのタイトルがPCや家庭用ゲーム機で発売されます。『トゥーム・レイダー レジェンド』、『Commandos Strike Force』、『Urban Chaos:Riot Response』です。『トゥーム・レイダー レジェンド』ではDS版やGC版も予定されていますが、国内で発売されることはあるのでしょうか?

「アイドスは才能あるスパイクと日本でパートナーとなれることをとても嬉しく思います。このパートナーシップは非常に重要な日本市場に対する私達の新たなる戦略となるでしょう」とアイドスのビル・ガードナー社長はコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

    【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  2. CygamesコーポレートCM「世界は、もっとおもしろくできる。」篇 放送決定―『神撃のバハムート』生誕5周年記念

    CygamesコーポレートCM「世界は、もっとおもしろくできる。」篇 放送決定―『神撃のバハムート』生誕5周年記念

  3. 角川ゲームス「TGS2016」初出展―声優ファン必見のスペシャルイベントも

    角川ゲームス「TGS2016」初出展―声優ファン必見のスペシャルイベントも

  4. 【TGS2016】「日本ゲーム大賞 2016」各部門受賞作品リスト!年間作品部門大賞は『Splatoon』

  5. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  6. カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

  7. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  10. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

アクセスランキングをもっと見る