Wiiの「Opera」はFlash ROMに保存、バージョン9がベース

2006年8月19日(土) 00時28分

NINTENDO LIFEがWiiとニンテンドーDS向けにブラウザを供給するノルウェーのOpera SoftwareのBerit Hanson氏へのインタビューを掲載しています。まず気になる供給方法ですが、次のように答えています。

「オペラブラウザーはWiiコンソール上のFlash ROMに記録され、DSのような個別のメモリーを必要としません。ブラウザーはほんの数秒で起動することができ、すぐさま素晴らしいユーザー体験を提供します」

販売方法には「個別のディスクで販売することにはならない」と以前の話を繰り返しています。全てのWiiにプリインストールされることが理想だと考えているようですが、今のところどのようになるかは不明のようです。ダウンロード販売でしょうかね? また、開発の苦労については

「私たちは携帯電話から様々なプラットフォームで開発の経験を持っているので、Wii上で特に苦労したというのはありません。最も大きなチャレンジは、最高の"リビングルームでのウェブ体験"を構築することでした、Wiiのユニークな能力を活用する。Operaは特にリモコンを用いて革命的なブラウジングを実現するために任天堂と緊密に連携しました」

と述べています。Wiiリモコンを使って直感的なブラウジングを実現することにかなり力を注いでいるようです。ちなみにベースになっているのはバージョン9だそうです。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング


[PR]インサイド楽天