人生にゲームをプラスするメディア

生誕15周年の「ソニック」、その原点がGBAへ

任天堂 GBA

今年で生誕15周年となるセガの看板キャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグ。それを記念して、メガドライブで発売された第1作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のゲームボーイアドバンスバージョンが北米にて発売になります。

ソニックは、1991年6月23日にGenesis(海外版メガドライブ)向けに発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』にてデビューしました(日本では同年7月26日に発売でした)。一躍人気キャラクターとなったソニックは、以来15年間、さまざまなゲームで活躍してきました。今回、北米でGBA向けに新たに発売されるのはそのデビューとなった第1作です。スピンジャンプとセーブ機能が追加されるようです。

発売は11月予定で、価格は19.95ドル。いわば、ソニック版ファミコンミニでしょうか。日本での発売は不明ですが、あれば嬉しいですね。

このタイトル以外にも、15周年を祝うタイトルが続々発売されます。
「ソニックの15回目の誕生日は、このハリネズミのトレードマークであるスピード、ヒロイズム、そしてその姿勢を祝うために、セガとソニックファンを寄せ集める画期的な時なのです」と、セガ・オブ・アメリカのマーケティング副社長・Scott A. Steinbergは言います。「 ソニックが1991年にもたらしたあっと驚くスピードとゲームプレイの革新は、PS3/360『Sonic the Hedgehog』、PSP『Sonic Rivals』、およびWii向けのソニックの新しいアドベンチャーにおいて、新たなる高みへと上り詰めるでしょう。これらのタイトルは、次世代ゲーム機のみがもたらすことができる、革新的なゲームプレイとストーリー要素でソニックを受け継いでいきます」
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  3. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

    『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  4. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. 『ゼルダ』ライクな洋RPG『Oceanhorn』がニンテンドースイッチに!

  9. 『スプラトゥーン2』にボイスチャット機能が搭載!―スマートデバイスを使用する形式に

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る