人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が経営方針説明会を本日開催、WiiとDSがポケモンで連動(5)

任天堂 Wii

ファミ通によれば、任天堂は毎年この時期に開催している流通関係者やアナリスト向けの経営方針説明会を本日開催するそうです。岩田聡社長からWiiやニンテンドーDSの今後についての説明が行われる予定。会場にはWii体験スペースが設けられ、『Wii Sports テニス リモートポインターデモ〜シューティング〜』(参考出展)と12cmディスクが展示されているそうです。

まず岩田氏は5月に160万台を生産したニンテンドーDSについて、供給不足が続いているため、夏から月産200万台の体制を整える事を明らかにしました。「まず何よりも優先しなければならないのは、国内市場の供給改善だ」と述べています。ただ、海外でも販売が始まっているので、どれだけ国内に回されるかは不明です。

気になる新たな展開については、「ニンテンドーDSブラウザー」が7月からの提供、ワンセグアダプタは今年の秋からとなります。アダプタの価格については「ニンテンドーDSLiteの半分くらいの価格で」とのことです。

発売ソフトでは秋に予定される『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が核となります。最新作ではWi-Fiコネクションを通じて世界中のユーザーとコミュニケーションを取ることが可能になっていて、ボイスチャットにも対応するそうです。世界中のライバルとポケモンの対戦や交換ができる最高のポケモンが実現します。

気になるWiiについても新たな情報が明らかになりました。まずはニンテンドーDSとの連動です。2つのハードを組み合わせる事によって、DSをWiiのタッチスクリーンとして活用したり、WiiをDSダウンロードステーションとしたり、DSソフトをWiiで拡張する、といったことが可能になります。2つのハードはワイヤレスで通信します。

具体的な展開としては冬に発売予定のWii『ポケットモンスター バトルレボリューション』で、DSのポケモン最新作と連動することで、手元のポケモンが3Dとなって対戦を楽しめます。Wi-Fiへの対応も考えられていて、単に映像が3Dになる以上の要素が盛り込まれそうです。また、従来の『ポケモンスタジアム』シリーズに対してポケモンがただ同じ場所で技のモーションを繰り返すだけの「固定砲台戦闘」と揶揄されていましたが、相手と直接激突する描写が盛り込まれるなどよりリアルにバトルを描写する仕組みになっているようです。

価格と発売日については「今年の9月ごろに発表する機会を作ります」とのこと。販売目標については、「我々は10年間チャレンジャーであったわけで、ゲームキューブよりはるかに売れないと失敗だと思っている」と自信を見せています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る