人生にゲームをプラスするメディア

E3ブースにあったWiiはGCの筐体を使ったWiiハードウェアだった

任天堂 Wii

E3の任天堂ブースに展示してあったWiiのプレイアブル機は実はダミーで、その裏側にはゲームキューブの本体が置かれていたのではないか?という話が一枚の投稿写真から広がっていますが、この件に関して任天堂はGameDaily.bizに対して正式なコメントを出しています。

任天堂によればデモ機は確かにゲームキューブの筐体を使っていたが、中身もしくは中のアーキテクチャはWiiの物であったことを明らかにしました。゛E3 2006で展示したWiiのハードウェアはE3のためだけに作られたもので、最終の製品版ではありません。いくつかのハードウェアはゲームキューブの筐体に収められていました"と説明しています。

ではWiiのグラフィックはまだ進化するのかという質問には「私達が示した幾つかのゲームの焦点は全くグラフィックではなく、非常に広いユーザーに、ノンゲーマーにさえアピールすように作られました。これは最終バージョンではありません。ですから現時点では何でも起こり得ます。しかしこれはE3ではいつものことです。私は他のパブリッシャーも任天堂も過去E3で同様のことを見てきました」と広報のMatt Atwood氏は述べています。

「スペックは変わるのでしょうか? その答えは、私達がまだハードを仕上げる段階であるということです。しかし私達はE3で皆さんが見たものはWiiが提供する体験を示すものだと考えます。それはWiiのハードウェアでした」とMatt氏は続けています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

    ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  2. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

    【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

  3. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

    SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

  6. Wii版『ドラクエX』はバージョン3期間でサービス終了、スイッチへの移行キャンペーンが実施予定

  7. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  8. 食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾のラインナップが判明!スシコラ・スプスピ・バケツなどが登場

  9. スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

  10. 『星のカービィ』GB版・SFC版デザインを再現したぬいぐるみが登場!パッケージポーチも付属

アクセスランキングをもっと見る