人生にゲームをプラスするメディア

Wii『メイドインワリオ』阿部悟郎氏インタビュー

任天堂 Wii

Nintendo Nowにて、E3でWii向けに発表され会場では体験版も楽しむ事の出来た『メイドインワリオ』(WarioWare: Smooth Moves)のシリーズの開発者である阿部悟郎氏へのインタビューが掲載されています。これまでも4作が発売され、単純なプレイと一瞬でプレイ可能な気楽さが受けたゲームですが、Wiiではどうなるのでしょうか?

阿部氏はWiiになって変わったことについて「ご存知のようにコントローラーはゲームの中でとてもユニークです。以前のシリーズは殆どが携帯機で、1人で遊ぶものでした。しかし今回は非常に素晴らしいパーティゲームに生まれ変わりました。ゲームで各プレイヤーはとてもダイナミックだったり面白い動きを要求されます。その周りの人達はもちろんのこと、遊んでいる人自身もとても楽しませてくれるゲームです」と述べています。

操作についてはボタンだけで遊ぶようなミニゲームを収録するつもりはなく、全てWiiリモコンか、それにプラスしてボタンを使用するようなものになるとのこと。ヌンチャクを接続してするミニゲームも計画しているそうです。

ゲームの基本的な考え方としては、1人が遊んで、それを周りの人を楽しませるというもので、複数のWiiリモコンを使うようなマルチプレイヤーモードは予定していないそうです。同様にWi-Fiを通じてオンラインの計画はなく、直ぐにプレイできる内容に、ということでWii Connect 24を通じた新しいミニゲームの配信なども予定しないとのこと。

ちなみに阿部氏はインタビューの最後に「任天堂がロンチから90日以内に発売すると発表したので、それが私達が目指しているタイムラインです」と話していますが、初耳でした。どうやらロンチ近くの発売になるようですね。

映像こちらから
http://media.revolution.ign.com/media/826/826990/vids_1.html
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る