人生にゲームをプラスするメディア

パズルアクションの新作が登場、DS『マリオvsドンキーコング2』

任天堂 DS

GB『ドンキーコング』、GBA『マリオvsドンキーコング』に引き続き、秀作パズルアクションゲームの最新作がニンテンドーDSに登場します。E3にて初公開された今作は、なんと、ヒロインとしてGB版のポリーンが再び登場するようです。

ストーリーは、前作の続きのお話です。ミニマリオは大好評。「マリオ・トイ・カンパニー」は、ラインを増産して「ミニピーチ」「ミニキノピオ」「ミニドンキー」も作られます。マリオはその利益で、「スーパー・ミニマリオワールド」というテーマパークをつくるという彼の長年の夢を実行に移します。そしてその開園日。その中には、ドンキーとポリーンの姿も。ポリーンにほれ込んでいるドンキーは、ミニドンキーを見せようとしますが、ポリーンはミニドンキーでなくミニマリオを手に取ります。激怒したドンキーはディスプレイをぶち壊し、おもちゃを壊し、ポーリンをこのアミューズメントパークの一番上のフロアへ連れ去ってしまいます。プレイヤーは、ポリーンを見つけ出し、救い出ださなければなりません。


『マリオvsドンキーコング2:March of the Minis』では、プレイヤーはマリオではなく、ミニマリオたちをタッチペンで操作して、ゴールへと導いていきます。タッチして動かしたいほうにスライドすれば歩き出し、もう一回タッチすればとまります。上にスライドすればジャンプします。ブロックを起動させて、穴をふさいだり上に上る足場を作ったりなど、これまで通りにパズル要素は健在のようです。タッチパネル以外で用いるのは、画面のスクロール(おそらく十字キー)だけのようです。画面写真を見る限り、左右上下に矢印のアイコンがあるので、それを用いればタッチペンでもスクロールできるのではないでしょうかね。

グラフィック的には、前作であるGBA『マリオvsドンキーコング』とおなじような、プリレンダのグラフィックが使われており、デュアルスクリーンを用いたムービーも収録されるようです。任天堂ホームページにあるスクリーンショット、ムービーへはこちらからどうぞ

また、『マリオvsドンキーコング2:March of the Minis』は、コースエディターが付属しており、プレーヤーが新しいコースを自作することができます。それをワイヤレス通信を使って配布するだけでなく、なんと、Wi-Fiコネクションを通じて配信することも可能なようです。コースにはランキングシステムもあり、よいコースを作れば、それに応じたボーナスを手に入れることができるようです。

開発は、前作『マリオvsドンキーコング』同じく、任天堂ソフトウェアテクノロジ(NST)が担当しています。『メトロイドハンターズ』といい、Wii『Project H.A.M.M.E.R』といい、最近はだいぶがんばっていますね。往年のパズルアクションが、タッチペンでどう生まれ変わるのか、期待です。米国での発売は9月となっています。日本でも今年中の発売になるのではないでしょうか。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

    『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

  2. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  3. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  6. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  7. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

アクセスランキングをもっと見る