人生にゲームをプラスするメディア

任天堂「新」世代機・Wii情報まとめ

任天堂 Wii

E32006にてついにベールを脱いだ、任天堂の新世代機・Wiiの情報をまとめていきたいとおもいます。Wii向けに発表されたタイトルたちや、その本体・コントローラの機能の詳細にいて、まとめて紹介します。随時更新中です。

発表されたタイトル

任天堂

『スーパーマリオギャラクシー』
『メトロイドプライム3:コラプション』
『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス 』(GC版とWI版の2種類、本体と同時発売)
『Wii:Sports』(誰でもプレイできるスポーツゲーム3つを収録、本体と同時発売)
『ファイヤーエムブレム』
『Wario Ware Smooth Moves』(Wii版メイドインワリオ)
※以下新規タイトル
『Disaster : Day of Crisis』
『Project H.A.M.M.E.R』
『エキサイトトラック』

サードパーティー

『ソニック ワイルド ファイア』
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』
『RAYMAN』
『戦国無双』(だと思われるもの )
『Madden NFL 2006』
『レッド・スティール』
『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』
『ワンピース アンリミテッド・アドベンチャー』
『ドラゴンボールZ スパーキング ネオ』
『スカッとゴルフ パンヤ』
『スポンジボブ』
『SDガンダム Gブレーカー』
『Necro-Nesia』(バンダイナムコ)

・・・etc
E3では計27タイトルがフロアーで公開になります。

本体について
リモコン型コントローラには、モーションセンサーとダイレクトポインティングデバイスのほかに、スピーカーがついています。また、ヌンチャクコントローラにも、リモコンとは別のモーションセンサーがついています。

クラシックコントローラは、スーパーファミコンのコントローラとGCのコントローラーのハイブリッドのような形をしています。リモコンにつなぎ、通信機能を用いてWiiとつなぎます。ボタンは、a、b、X,、Y、L、R、ZL、ZR、十字、Lスティック、Rスティック、Home、Start(+)、Select(-)となっています。64のゲームだと、右手のボタンが少し足りなくなるように見えますが、ZLやZRを利用して割り当てるのでしょうね。

Wiiのバーチャルコンソールやオペラブラウザー(オプション)の起動は数秒で終わるそうです。また、Wiiは、電源を切ったように見えても、完全に切れずにスタンバイ状態になり、ファンは止まっていてもコアとなるものは動いているようになります。これにより、24時間インターネットにつながるということが可能になるそうです。

発売は2006年第4四半期としています。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

    『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

  2. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  3. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  6. 群像劇RPG『アライアンス・アライブ』体験版が3月30日0時より配信開始

  7. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  8. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

アクセスランキングをもっと見る