人生にゲームをプラスするメディア

雑誌「TIME」がWii向け『メイドインワリオ』と『テニス』を掲載

任天堂 Wii

先ほど、雑誌「TIME」が任天堂の新作を独占掲載するという記事を掲載しましたが、NeoGAFによればその新作とはWii向けの『メイドインワリオ』と『テニス』だったようです。「メイドインワリオ」は様々な楽しさを凝縮したシリーズで、新感覚な操作を実現していくWiiでも入門用ソフトとして最適で、出るだろうとの推測はありますが、やはりありましたね。

どのようなミニゲームが含まれているのかが気になる所ですが、遊べたのは、フライを打つ、ウェイトリフターのようにスクワットする、鍵を回してドアを開ける、魚を捕まえる、車を運転する、野菜を炒める、手のひらのほうきを水平に保つ、色を円で囲む、といったものがあったそうです。

次に記者は『ゼルダの伝説』をWiiで遊ぶ事が出来そうです。ゼルダではコントローラーを使って剣で戦ったり、弓矢を引いたり、釣りをすることができたそうです。

最後はテニスゲームです。これはシンプルながら一番楽しかったそうで、コントローラーをラケットとして使い、フォアハンドやバックハンドでストロークを打つことができたそうです。もちろん打ち方によってロブを上げたり、スライスをかけてスピンを誘ったりすることもできたそうです。これはとても楽しそうです。

この記者は受動的なゲームから能動的なスタイルへの変化を述べて、次のような事も述べています「新しいコントローラーの1つの優位点は遊んて楽しいだけでなく、それを見るのも楽しいことです。古いスタイルのコントローラーで遊んでいるのは、盲目のジョイスティック信奉者の負け犬のように見えます。しかし新しいコントローラーで飛び回ったり踊ったりするのは皆が愉快に過ごすことができます」。

記事の最後には岩田社長のコメントもあります。

「Wiiという名前は誰も想像できませんでした。想像できなかったから、もちろん望まれた名前でもありませんでした。もし単に消費者の望みを入念に聞いているだけでは、ニーズを満たすことはできますが、絶対にユーザーを驚かせることはできません。ソニーやマイクロソフトは日々必要とされる商品を作っています。ですから、彼らは顧客の希望を聞かなくては成りません。そういうアプローチは彼らにとっては当然のことだったのです」
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

    『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る