人生にゲームをプラスするメディア

「レボと同時に20タイトル、1/3は任天堂タイトル、かも」―George Harrison氏

任天堂 Wii

任天堂オブアメリカ(NOA)の副社長、ジョージ・ハリソン(George Harrison)氏が、アメリカのゲーム雑誌Game Informerのインタビューに答えています。その中で、レボリューションのローンチタイトルは20本になるかもしれない、と答え、そのうち3分の1は任天堂タイトルになるだろうと語っています。

インタビューの要約を紹介します。


・ゲームキューブを単純にパワーアップしただけでは、GCと同じ結果になってしまう。そのため、任天堂は何かまったく違うことをしようと決めた。

・メインの目標は、日本のマーケットを手に入れること。DSはこの一発目だった。

・アートディレクションによって、実写的グラフィックと同等に、豊かな表現を得ることが出来る。「もし『ザ・シンプソンズ』が実写だったら、こんなに面白おかしいものにはならなかっただろう」

・任天堂は、レボリューションに何を同梱するか決めている最中だ。現時点では、リモコンとヌンチャク用拡張が同梱されることになりそうだ。しかし、任天堂はさらにコントローラーも追加する事も考えている。

・任天堂は。レボリューションを今年ワールドワイドで発売する事を狙っている。

・「明らかな事ですが、私たちにとっては、日本市場が最も重要でしょう。ホームマーケットであり、主な競争相手、すなわちソニーに巻き返しを図るチャンスです。」

・値段についてXbox360と比較し「はい、私たちの目標はもう少しマスマーケットに合う値段にすることです」

・PS2から様々なことを学んだ。幅広い種類のソフトを出すことが必要であること、そして、最も性能が良いものが必ずしも勝つわけではないということ。

・「もう一つ私たちが気づいたことは、1年目で評価が決まってしまうということです。ソフトを供給するにあたっては、ローンチだけではなく、はじめの6ヶ月から9ヶ月間の間もソフトを供給しなければなりません。 それは中身の詰まったソフトでなければなりません。 GCの場合、それができずに、ローンチの後6ヶ月ほど"干ばつ"がありました。 その時までには、評価が固まり始めてしまいます。そして、その後からひっくり返そうとするのは難しいのです。」

・価格が50ドルのゲームがレボリューションのスタンダードにはならないけれども、60ドルもするようなソフトが出るかもしれない。

・ゲームプレイを見せるだけでは、人々に違いがわかってもらえないのだ。ゲームのコマーシャルはかつて、カウチの上でプレイする人々を映していたが、ゲーム業界はそこからは離れてしまった。任天堂は、レボリューションのマーケティングで、そこにもっと突っ込んでいくだろう。

・レボリューションのバーチャルコンソールのコストについてはまだ決めていない。

・ローンチにはトータルでおよそ20本のソフトが出るかもしれない。「(ローンチタイトルの)3分の1は任天堂のゲームになるだろう」

・『レッドスティール』はレボリューションのローンチタイトルで、『ゴールデンアイ』がそうであったように、幅広くアピールするだろう。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

    『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  7. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  8. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

  9. 『牧場物語 3つの里の大切な友だち』恋愛から結婚、そして子供が生まれるまでの流れが公開

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top