人生にゲームをプラスするメディア

n-Spaceは複数のタイトルをレボリューションで、任天堂発売の可能性も

任天堂 Wii

「Orlando Sentinel」というオーランドの地元紙が、任天堂と共に『ガイスト』を開発したn-Spaceがレボリューション向けのタイトルを開発していると報じましたが、IGNは別のソースからの情報としてこれは正しいこと、また複数のタイトルを開発する為に現在の50人体制から70人まで拡大することを確認しています。

これらのタイトルについての詳細は明らかにされていませんが、IGNは再び任天堂がパブリッシャーを務めることになるのではないかと推測しています。3万本しか売れなかった『ガイスト』を作ったn-Spaceを評価してこの段階でレボリューション向けタイトルを任せるパブリッシャーを考えると、やはり任天堂しか無いかなといった感じもします。

レボリューション向けの作品も『ガイスト』と同様に上の世代を狙った作品になるのでしょうか。コントローラーの特徴を考えれば、再びFPSということも大いに考えられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

    LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  4. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  5. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る