人生にゲームをプラスするメディア

仏パブリッシャー、アタリが存続の危機

ゲームビジネス その他

フランスに本拠を置く大手パブリッシャー、アタリ(インフォグラムス)は第3四半期の業績で500万ドル近い赤字を計上し、最高財務責任者が辞任を表明するなど今後の存続が危ぶまれています。融資を受けていたHSBC Business Creditも今後の取引を見直すことを表明しています。

2005年12月31日までのアタリの第3四半期業績は売上高が1億80万ドルに対して順損失は480万ドルに登りました。発売したタイトルも『ドラゴンボールZ』や『The Matrix:Path of Neo』など昨年までと比べると小数に留まりました。同社では業績悪化の要員として昨年末の米商戦の全体的な不振を挙げています。

またアタリは上級副社長最高財務責任者(CFO)のDiane Baker氏が「他のチャンスに取り組むため」辞任することも発表しています。

これまで融資を受けてきたHSBC Business Creditとの関係も悪化していて「関係を継続する対象の企業としての能力に本質的な疑い」を持っていることを表明しています。HSBCは今後の融資を継続しないものと見られています。

アタリはこの経営危機を脱出するために、保有しているフランチャイズなどの資産や開発スタジオの売却などの「決定的な手段」を検討しているとしています。買収に次ぐ買収で巨大化していったアタリ(この名前も購入したもの)ですが、今後解体に向かう可能性は大きそうです。会社は第4四半期の業績予想を発表していません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  6. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  7. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  8. Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

  9. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  10. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る