人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンUSAが4Kidsとのライセンスを年内で終了

ゲームビジネス その他

アジア以外の全世界でポケモン関連業務を統括するポケモンUSAは、米国4Kids Entertainmentと結んでいる2005年12月31日で終了するライセンス契約を更新せず、2006年から全てのライセンス業務をポケモンUSAが担当する方式に変更する事で合意したと発表しました。

今後も放映中のアニメに関する権利は4Kidsに与えられ、第8シリーズも継続されますが、それに関するサブライセンスを供与する権利などはポケモンUSAが管轄することになります。4Kidsは米国でのポケモン事業の立役者としてマーケティングやライセンス業務で大きな貢献をしていて、ポケモンUSAが設立された後も大きな権利が与えられてきました。

「私達はポケモンUSAが全てのライセンスを管理することがポケモンにとって最大の利益になると考えました。これはブランド管理の決定です。私達は子供達の間で最も大きなブランドの1つとして世界的に確立するまでの4Kidsの8年間に渡る偉業の全てに感謝したいと思います」とポケモンUSAの千葉陽社長は述べています。

「4Kidsは今後も8年間のポケモンライセンスを保持します。来月以降、4Kidsはこの決定の移行を支援するでしょう。私達はポケモンの前途を成功を祈っています」と4KidsのAlfred R. Kahn社長は述べています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  2. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

    セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  5. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  8. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  9. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る