人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンUSAが4Kidsとのライセンスを年内で終了

ゲームビジネス その他

アジア以外の全世界でポケモン関連業務を統括するポケモンUSAは、米国4Kids Entertainmentと結んでいる2005年12月31日で終了するライセンス契約を更新せず、2006年から全てのライセンス業務をポケモンUSAが担当する方式に変更する事で合意したと発表しました。

今後も放映中のアニメに関する権利は4Kidsに与えられ、第8シリーズも継続されますが、それに関するサブライセンスを供与する権利などはポケモンUSAが管轄することになります。4Kidsは米国でのポケモン事業の立役者としてマーケティングやライセンス業務で大きな貢献をしていて、ポケモンUSAが設立された後も大きな権利が与えられてきました。

「私達はポケモンUSAが全てのライセンスを管理することがポケモンにとって最大の利益になると考えました。これはブランド管理の決定です。私達は子供達の間で最も大きなブランドの1つとして世界的に確立するまでの4Kidsの8年間に渡る偉業の全てに感謝したいと思います」とポケモンUSAの千葉陽社長は述べています。

「4Kidsは今後も8年間のポケモンライセンスを保持します。来月以降、4Kidsはこの決定の移行を支援するでしょう。私達はポケモンの前途を成功を祈っています」と4KidsのAlfred R. Kahn社長は述べています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 【特集】「PlayStation VR」国内ローンチタイトル総まとめ!

  5. 【DEVELOPER'S TALK】PSPで最高の表現を追及したProject Soulが送る最新作『ソウルキャリバー Broken Destiny』開発秘話

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  8. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る