人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームショー2005in大阪日本橋」レポート

ゲームビジネス その他

高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
  • 高橋名人と愉快なゲームたち
週末の土日2日間に大阪日本橋にあるディスクピア日本橋店6Fイベントホールにて各メーカーの注目タイトルが揃った「ゲームショー2005 in 大阪日本橋 by Joshin」が開催されました。注目のXbox360を始めとして狭いホールには正に所狭しと試遊台が並べられていました。

任天堂はGC『マリオパーティ7』、DS『マリオカートDS』、DS『おいでよ どうぶつの森』の3タイトルをそれぞれ1台ずつ並べていました。未発売のタイトルは『マリオカートDS』のみでしたが、それなりに注目を集めているようでした。2階下の売り場で配信されている体験版とは異なり色々なコースを遊べるようになっているようでした。

サードパーティからはマーベラスインタラクティブの『コンタクト』、『牧場物語 コロボックルステーション for ガール』、コナミの『パワプロクンポケット8』、サンライズの『ハロボッツアクション』、トミーのGC『NARUTO-ナルト−激闘忍者大戦!4』が展示されていていました。

タイトーの『ロストマジック』は試遊台は無いもののダウンロードサービスで東京ゲームショウバージョンのチュートリアルな感じの体験版が配信されていました。これは少し容量が大きいそうで、DSの起動画面にあるダウンロードサービスのメニューから他のゲームと同じようにダウンロードするのですが、最初に接続がきちんと確立されたかなどをチェックするダウンロードプログラムが配信され、それが体験版の本体をダウンロードする仕組みになっていました。

ちなみに体験版はDSで手渡しでした。ポスターを見るとちゃんと「ニンテンドーWi-Fiコネクション」の薄ブルーのロゴも入っていて、対応になるようです。

10日に発売になるXbox360もロンチタイトルを中心に多数が展示されていました。『パーフェクトダークゼロ』なんかを遊んでみましたが、ボタン多すぎ、、、タッチパネル以外のボタンがついたゲーム機はカジュアルゲーマーには辛いです。慣れてないってのが大きいのだと思いますが、余り複雑にならないようにして貰いたいものです。ついでにヨドバシの体験会にも足を運びましたがすれ違った女性の「うちのテレビじゃあねえ・・・」という言葉が印象的でした。

ステージではゲーム大会に加えて、このイベントが始まってから5年連続で参加しているハドソンの高橋名人のトークイベントが行われました。内容は『桃太郎電鉄15』とGBAの『ハドソンセレクション』の紹介といった感じでした。GBプレイヤーを使って実演したのですが、冒険島やロードランナーでも結構ミスをしたりしてブーイングを受けていました。皆に愛されている伝説のオヤジって感じでしたねえ。

『コンタクト』は後ほどインプレッションを書くかもしれません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  2. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

    昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. ゲーム業界をめざす学生は何を持ち帰ったか?学生向け業界研究セミナーレポート

  6. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る