人生にゲームをプラスするメディア

EGMがビデオゲームの歴代キャラクタートップ10を発表

ゲームビジネス その他

年明けにも記念すべき第200号を迎える米国を代表するゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly」の200号記念特集の1つ、ビデオゲームの歴代キャラクタートップ10が1UP.COMにて先行公開されました。もちろん、任天堂の彼らもランクインしています。

第10位に選ばれたのは『トゥーム・レイダー』の主人公のララ・クラフトです。PSで発売されてアドベンチャーゲームの新天地を切り開きました。9位は『ポケモン』のピカチュウです。世界的な大ヒットとなった作品の代表的キャラと言ったら彼(?)以外にいません。8位は『Halo』のマスター・チーフでした。

続いて第7位には『ファイナルファンタジーVII』の主人公で「ADVENT CHILDREN」などでも活躍した、クラウド・ストライフが選ばれています。6位は一大ブームを巻き起こしたパックマンです。5位はセガを代表するキャラ、ソニック・ザ・ヘッジホッグが選ばれました。

第4位は『メトロイド』シリーズの主人公であるサムス・アランです。ニンテンドーDSでWi-Fiに対応した『メトロイドプライム ハンターズ』も注目されますが、メトロイドは映画にもなるようで、こちらも楽しみです。EGMが選んだ最も良かった登場作品はSFCの『スーパーメトロイド』だそうです。

第3位は小島秀夫氏が生んだ傑作『メタルギアソリッド』の主人公のソリッド・スネークです。PS3で制作されている最新作でもまだまだ活躍します。

2位は『ゼルダの伝説』シリーズの主人公のリンクです。任天堂のかっこいいキャラといえばこの人です。ゲームキューブで発売予定の『The Legend of Zelda』は今もっとも期待されているゲームの1つです。選ばれたベストゲームはNINTENDO 64の『ゼルダの伝説〜時のオカリナ』です。

20年間のビデオゲームの歴史を代表するキャラと言えばこの人以外に考えられません。第1位に選ばれたのは『スーパーマリオ』シリーズのマリオです。制約が幸いし生み出されたマリオは皆に愛されるキャラになりました。これからもゲームの顔として活躍してくれるでしょう。選ばれた代表作は『スーパーマリオ64』です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

    ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  3. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  6. イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

  7. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  10. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top