人生にゲームをプラスするメディア

EGMがビデオゲームの歴代キャラクタートップ10を発表

ゲームビジネス その他

年明けにも記念すべき第200号を迎える米国を代表するゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly」の200号記念特集の1つ、ビデオゲームの歴代キャラクタートップ10が1UP.COMにて先行公開されました。もちろん、任天堂の彼らもランクインしています。

第10位に選ばれたのは『トゥーム・レイダー』の主人公のララ・クラフトです。PSで発売されてアドベンチャーゲームの新天地を切り開きました。9位は『ポケモン』のピカチュウです。世界的な大ヒットとなった作品の代表的キャラと言ったら彼(?)以外にいません。8位は『Halo』のマスター・チーフでした。

続いて第7位には『ファイナルファンタジーVII』の主人公で「ADVENT CHILDREN」などでも活躍した、クラウド・ストライフが選ばれています。6位は一大ブームを巻き起こしたパックマンです。5位はセガを代表するキャラ、ソニック・ザ・ヘッジホッグが選ばれました。

第4位は『メトロイド』シリーズの主人公であるサムス・アランです。ニンテンドーDSでWi-Fiに対応した『メトロイドプライム ハンターズ』も注目されますが、メトロイドは映画にもなるようで、こちらも楽しみです。EGMが選んだ最も良かった登場作品はSFCの『スーパーメトロイド』だそうです。

第3位は小島秀夫氏が生んだ傑作『メタルギアソリッド』の主人公のソリッド・スネークです。PS3で制作されている最新作でもまだまだ活躍します。

2位は『ゼルダの伝説』シリーズの主人公のリンクです。任天堂のかっこいいキャラといえばこの人です。ゲームキューブで発売予定の『The Legend of Zelda』は今もっとも期待されているゲームの1つです。選ばれたベストゲームはNINTENDO 64の『ゼルダの伝説〜時のオカリナ』です。

20年間のビデオゲームの歴史を代表するキャラと言えばこの人以外に考えられません。第1位に選ばれたのは『スーパーマリオ』シリーズのマリオです。制約が幸いし生み出されたマリオは皆に愛されるキャラになりました。これからもゲームの顔として活躍してくれるでしょう。選ばれた代表作は『スーパーマリオ64』です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  7. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  8. コーエーテクモHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 発売延期の影響で売上高前年比減も6期連続増益

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る