人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊(DS)

任天堂 DS

チュンソフト製作任天堂発売の『ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊』のインプレッションをお伝えいたします。本作はDS版青の救助隊とGBA版赤の救助隊の両バージョンが同時に発売されていますが、あまりDSのほうではDSならではの機能を生かせているとはいえません。今までインサイドでもお伝えしたように、お持ちのハードにあわせてプレイするのがいいと思われます。なお、ファミ通のインタビューなどにも書かれていたように両方のソフトをDSにさしてプレイするといいことがあるということですが、記者がプレイしている時点では差がありません。

さて、内容のほうは基本は今までの不思議のダンジョンシリーズを踏襲しております。ポケモンになってしまった主人公はパートナーとともに救助隊を結成し、さまざまなポケモンの困難を救出しながら、自分がポケモンになってしまった理由を突き止め人間に戻るための戦いを挑みます。ただし、今回はポケモンの属性の要素が加わっているので、そういったものを考慮しながら戦うことが可能です。

なお、今回は武器、防具の類は存在しません。レベルが上がると同時に各ステータスが上がっていきます。攻撃、防御、特殊攻撃力とその防御力などです。また、食料として存在するグミを食べることによってかしこさという数値が上昇し、さまざまなアビリティのようなものが身についていきます。それらがいちいちリセットされるとさすがに冒険が厳しいので、ダンジョンで倒されてもレベルが1になりすべて初期化されるということはないです。

救助隊のランクが上がることによってダンジョン内で倒したポケモンを仲間にできる可能性があがっていきます。また、広場といわれる町のような場所で各ポケモンの住処のようなものを購入することによって仲間にできるようになります。

基本的には不思議のダンジョンを踏襲しながらもシナリオなどにポケモンの特性を絡ませながらエンディングまで進んでいくのが基本的な流れになります。エンディング後も十分楽しませるのがチュンソフトイズムですので、その後も十分楽しめるようになっております。その辺は個々人で楽しんでほしいと考えております。

また、すれ違い通信やケーブル、パスワードなどのポケモン救助隊のシステムも従来の風来救助隊を踏襲し、パワーアップしています。さまざまな楽しみ方ができますので、このポケモンとしても不思議のダンジョンとしても十分に楽しめる本作、年末で遊びつくしてほしいゲームとなっています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  3. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  7. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  8. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る