人生にゲームをプラスするメディア

バーチャルコンソールについて―Jim Merrick氏

任天堂 Wii

任天堂オブヨーロッパ上級副社長マーケティングのJim Merrick氏が先日NOEのお膝元であるフランクフルトで開催されたNintendo Europe SummitでEurogamerのインタビューに答えています。先日のセ忘れていたレボリューションのバーチャルコンソールに関する部分を紹介します。

レボリューションはバーチャルコンソール(仮想コンソール)として、レボリューション向けや互換性のあるゲームキューブ向けタイトル以外にも、ダウンロードしてくることによってファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO 64という過去の任天堂ハードのタイトルを楽しめるようになります。

気になるのはサードパーティはどの程度参加するのか、という点です。この点についてMerrick氏は「まだ言えません。しかし推測することはできます。(ダウンロード可能なのは)私達の過去のハードで発売された全てのゲームでしょうか? 恐らくそうはならないでしょうね」と述べました。

値段については「分かりません。あなたは16ビット時代のゲームにどれだけのお金を払うでしょうか?」としました。

次にエミュレーターによる違法行為が深刻な件については「もしPCで遊びたいと思っても、ええ、それらはゲーム機で遊ぶようには上手く動作も操作もできません。それに、、、そういうことをやっていれば、深夜にドアをノックする音がして玄関を開けたら任天堂のポリスがあなたをどこかに連れ去ってしまうでしょう(笑)」と話しました。

「確かにそういう著作権侵害は常に存在します。しかし私達がマスマーケットに容易にアクセスでき低価格で提供することによって、"おお、これ覚えてるよ、最初のマリオは大好きだった。これと一緒に育ったようなものだよ"とゲームをダウンロードしてくれれば、素晴らしいことだと思います」

Merrick氏はゲーム以外のダウンロードも示唆しています。

「ムービーや30日間のゲーム体験版や他の人と共有できるゲームなどをダウンロードできるようになる可能性もあります。デジタル著作権管理システムを使って、ムービー、音楽、体験版、あるいはフルのゲームを提供する可能性はあります。もちろん私達がムービーや音楽と言ったとき、それはゲームの、です(トレイラーやBGMなど)。私達のビジネスはインタラクティブエンターテイメントです。私達は"彼ら"が戦っているようにホームマルチメディアポータルを目指しているわけではありません」

"彼ら"が誰かは余りにも明白です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

    スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  3. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

    米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  4. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  7. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  8. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

アクセスランキングをもっと見る