人生にゲームをプラスするメディア

アイドスが日本から撤退

ゲームビジネス その他

英国を拠点とするアイドスインタラクティブの日本法人であるアイドス株式会社は、今年12月で営業を終了することを明らかにしました。同時に日本語ホームページも閉鎖されることになります。

アイドス株式会社は、1998年に設立され、『ヒットマン: コントラクト』・『タイムスプリッター 時空の侵略者』・『わいわいゴルフ』など海外のヒット作品をローカライズして販売してきましたが奮いませんでした。親会社の経営不振も閉鎖の理由にありそうです。

年間のリリース本数は余り多くありませんでしたが、撤退は残念です。今後は国内のパブリッシャーが権利を取るなどの形で遊ぶことになりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. ポケモンUSAの社長が交代

  6. ガンホー、平成25年12月期決算を発表 ― 売上高が前年同期と比べ大幅に増加する見通

  7. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  8. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  9. SCEが新たな組織変更を発表、ファーストパーティパブリッシングなど新部門を設立

  10. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

アクセスランキングをもっと見る