人生にゲームをプラスするメディア

アイドスが日本から撤退

ゲームビジネス その他

英国を拠点とするアイドスインタラクティブの日本法人であるアイドス株式会社は、今年12月で営業を終了することを明らかにしました。同時に日本語ホームページも閉鎖されることになります。

アイドス株式会社は、1998年に設立され、『ヒットマン: コントラクト』・『タイムスプリッター 時空の侵略者』・『わいわいゴルフ』など海外のヒット作品をローカライズして販売してきましたが奮いませんでした。親会社の経営不振も閉鎖の理由にありそうです。

年間のリリース本数は余り多くありませんでしたが、撤退は残念です。今後は国内のパブリッシャーが権利を取るなどの形で遊ぶことになりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

    京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  3. Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

    Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

  4. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  5. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  8. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  9. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  10. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

アクセスランキングをもっと見る