人生にゲームをプラスするメディア

第9回CESAゲームアワードが発表に―大賞は『ドラゴンクエストVIII』

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は「第9回 CESA GAME AWARDS」の受賞作品を発表しました。

2004年4月1日から2005年3月31日までの間に国内で発売された作品を対象とする 「GAME AWARDS 2004‐2005」の最優秀賞には333万本の売上を記録した『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』が選ばれ、同時にベストセールス賞も受賞しています。

「東京ゲームショウ2005」で発表・展示された未発売作品を対象とする「GAME AWARDS FUTURE」では『FINAL FANTASY XII』など11作品が受賞、未だ製品化されていない作品を対象とする「GAME AWARDS INDIES」では、富山県立大学Technical Computer Club 大門義弘さんの『AMIDA The Soldier on The Bridge』が選出されました。

任天堂関係ではニンテンドーDSの『さわるメイドインワリオ』、『大合奏!バンドブラザーズ』とGBAの『ポケットモンスター エメラルド』がそれぞれ優秀賞を獲得しています。サードパーティではGCの『バイオハザード4』、DSの『メテオス』がそれぞれ優秀賞でした。

CESAでは受賞作品のパッケージに張るシールや全作品を紹介するポスターを制作して賞の普及に努めるとしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  8. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る