人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がDigitalLifeに出展、Wi-Fi接続画面の詳細が明らかに

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは今週末にニューヨークのニューヨーク市ジャビッツ・コンベンションセンターにて開催されたDigitalLifeに年末発売の新作などを出展しました。3日間に渡って開催されたショーではデジタルライフを彩る様々な製品が出展され、任天堂ブースには次のタイトルが展示されました。

・Dr. Mario & Puzzle League(Drマリオ&パネルでポン)
・Animal Crossing: Wild World(おいでよ どうぶつの森)
・Nintendogs
・Mario Kart DS(マリオカートDS)
・Mario & Luigi: Partners in Time(マリオ&ルイージRPG2)
・Dance Dance Revolution: Mario Mix
・Super Mario Strikers(スーパーマリオストライカーズ)
・Donkey Kong Country 3(スーパードンキーコング)
・Mario Tennis: Power Tour for Game Boy Advance(マリオテニスGBA)

また、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に接続するための設定画面も明らかになりました(日本仕様は既に公開されていましたが)。3つの設定を保存することができ、この画面は『マリオカートDS』と『おいでよ どうぶつの森』で共通だったそうです。(スライドショー)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  6. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  7. コーエーテクモHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 発売延期の影響で売上高前年比減も6期連続増益

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

アクセスランキングをもっと見る