人生にゲームをプラスするメディア

宮本氏らを招いて「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」が開催決定

ゲームビジネス その他

立命館大学はインタラクティブエンターテインメントをテーマにした国際シンポジウムDigital Interactive Entertainment Conference 2005「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」を12月2日に開催することを発表しました。

主催は立命館大学衣笠総合研究機構で、IGDA日本関西支部とゲームアーカイブ・プロジェクトが強力します。参加費は無料で事前登録制となります。

ゲームを主体としてインタラクティブ・エンタテインメントのデザインの源流と将来を展望するもので、国際シンポジウムに相応しい、単独でも観衆を集められるような豪華な講演陣となっています。シンポジウムは次のように3部立てで行われます。

基調講演「インタラクティブ・エンタテインメントのデザイン展望
・武邑光裕氏(立命館大学チェアプロフェッサー、元東京大学助教授)

第1部「ゲームデザイン・テクノロジーの源流」
・ノーラン・ブッシュネル氏(ATARI創業者、元会長)
・大墻敦氏(NHK衛星放送局制作部チーフ・プロデューサー)
・岩谷徹氏(株式会社ナムコ インキュベーションセンター コンダクター)
・上村雅之氏(任天堂アドバイザー、立命館大学教授)

第2部「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」
・宮本茂氏(任天堂株式会社専務取締役情報開発本部長)
・小島秀夫氏(コナミ株式会社執行役員小島プロダクション代表)
・ロビン・ウォーカー氏(Valve Software、Design Lead)
・浜村弘一氏(株式会社エンターブレイン代表取締役社長)

ノーラン・ブッシュネル氏は『ポン』の開発者であり、アタリを創業し、米国のゲーム産業の創始者とも言える人物です。大墻敦氏はゲーム産業の創世記を取材した「NHKスペシャル新・電子立国」の担当者です。ロビン・ウォーカー氏は大ヒットした『Half-Life 2』のデザイナーです。

その他の人物は紹介の必要もないでしょう。任天堂からは宮本茂氏とファミコン、スーパーファミコンの開発を行った上村雅之氏が参加することになっています。

ここで一体どんな話が聞けるのでしょうか。今から楽しみです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  4. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  5. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  6. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  9. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  10. 【GDC 2013】ディズニー&ピクサーのヒットタイトルに見られるストーリーの黄金律とは? 現役クリエイターがあかす方程式

アクセスランキングをもっと見る