人生にゲームをプラスするメディア

「トイザらスカーニバルinとしまえん 2005」会場レポート

ゲームビジネス その他

10月8〜10日にとしまえんにて行われた「トイザらスカーニバルinとしまえん」。毎年恒例のイベントで、任天堂の年末の期待作がプレイできる穴場なスポットになっています。今年もその例に漏れず、『マリカーとDS』『おいでよどうぶつの森』といった期待作がプレイできました。

『マリオカート DS』のインプレッションはこちら
『おいでよどうぶつの森』のインプレッションはこちら


任天堂ブース。去年と同じ位置にありました。基本構成も去年とほぼ同じで、ブース真ん中の巨大スクリーンのあるエリアでは、ゲーム大会などのイベントが行われ、その合間にはスクリーンに新作ゲーム紹介が流されていました。


こちらは『マリオカートDS』の体験コーナー。4人で対戦プレイも出来ました。土曜日に行ったときは結構すいていたのですが、月曜日に行ったときはかなり混んでいて、いつでも行列が耐えない人気でした。


『おいでよ どうぶつの森』体験コーナー。通信プレイも体験できるようになっていました。


マリオさん、ルイージさん、ピーチさん、ドンキーさんも出勤中。


去年はドンキーだったお面ですが、今年はマリオとルイージに。お面をつけている子供たち多数でした。

さて、来年はどんなゲームが遊べるのでしょうか。今から期待が膨らみます。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【E3 2012】アドベンチャーゲームの革新、そしてNEVER STOP GAMING ― SCEカンファレンス

  5. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  10. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

アクセスランキングをもっと見る