人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が平成18年度中期業績予想を上方修正

ゲームビジネス その他

任天堂は7日、平成18年度の中間期および通期の業績予想を上方修正すると共に配当方針を変更する決議を行ったことを発表しました。主に北米市場でのゲームキューブの売上不振の為に売上高は通期で200億円下回る見込みですが、円安傾向が続いている為に中間期時点で230億円の増益になる見込みです。

修正後の連結業績予想、中間期は売上高が1750億円(-150)、経常利益560億円(+230)、純利益360億円(+170)、通期では売上高5000億円(-200)、経常利益1250億円、純利益750億円となりました。

通期での利益予想は平成17年5月26日の決算発表時に公表した数字を据え置いていますが、予想に使用したレートが中間期で1ドル=113.19円、1ユーロ=136.13円、通期で1ドル=110円、1ユーロ=135円と異なっており、円安傾向が続けば更に上方修正の可能性もあります。

配当方針に関しては、連結営業利益の33%を上限に、自社株保有分を除外して端数10円未満を切り上げて配当する方針を今年5月に発表していましたが、、連結業績での配当性向50%の基準も加え、どちらか比較して多い方を配当することとしました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

    プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  4. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  8. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  9. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top