人生にゲームをプラスするメディア

【月刊ニンテンドーゲームフロント】 『スーパープリンセスピーチ』レポート

任天堂 DS

いつの間にか半年も続き、意外と交通費がバカにならなくなってきた「月刊ニンテンドーゲームフロント」の7回目です。今回は、ピーチ姫が傘を片手に突き進む2Dアクションゲーム『スーパープリンセスピーチ』のプレイレポートをお送りします。

-----------------------------
展示ソフトリスト(展示期間:2005年9月23日〜10月21日)
(太字が今月新しく出展されたソフト)

ニンテンドーDS
『スーパープリンセスピーチ』
『ポケモントローゼ』
・『JUMP SUPER STARS』
・『押忍!闘え!応援団』
・『たまごっちのプチプチおみせっち』
・『逆転裁判 蘇る逆転』

ニンテンドーゲームキューブ
『ゾイド フルメタルクラッシュ』
・『ビューティフル ジョー バトルカーニバル』
・『ポケモンXD 闇の旋風 ダークルギア』
・『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』

ゲームボーイアドバンス
『PLAY-YAN micro』
『通勤ヒトフデ』
・『マリオテニスアドバンス』
・『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』
-----------------------------------

プレイレポート
DS『スーパープリンセスピーチ』

はじめてこのタイトルが公開された時、「え? ネタでしょ?」とほとんどの人が耳を疑ったであろう『スーパープリンセスピーチ』。「キド・アイラックの杖」を手に入れマリオたちを捕らえたクッパに、いつもは助けられる側のピーチ姫が相棒の傘「カッサー」とともに立ち向う、というストーリーです。それにしても、ある意味すごいネーミングばかりです。

基本操作はオーソドックスです。
・A - ジャンプ
・B - カッサーを振る
・X - 物を持ち上げる
・Y - Bと同じ
・十字-移動(ダッシュ)
・L/R(+十字)-ゆっくり移動
少し特徴的なのは、十字キーでダッシュになっているところでしょうか。でもお姫さまなので、そこまでのスピードは出ません。

下画面には、「喜」「怒」「哀」「楽」をあらわす4つのアイコンがあり、タッチするとそれぞれの能力を使用できます。
・「喜」 - うれしすぎて、舞い上がれます。A長押しでどんどん上昇できます。
・「怒」 - 怒りのあまり、体中から火が噴出します。物を燃やしたり、敵を倒したり出来ます。
・「哀」 - 涙が止まりません。悲しさのあまりいつもより早く走れます。
・「楽」 - 楽しい気分で、体力が回復していきます。
能力を使うと右上のゲージが減っていき、なくなったら使えません。青いクリスタルをとるか、敵をカッサーに食べさせる(持ち上げ中↓ボタン)と回復します。これらの能力は、ステージ中の謎解きの要素としても使用します。たとえば、つたが伸びそうな植物の芽があったら・・・ 

基本的なシステムは、2Dマリオとほぼ同じです。マップでステージを選び、ゴールまでたどり着けばクリア。土管もいたるところに見られ、クリボーやノコノコ、パタパタなどいつもの敵が邪魔してきます。逆に、これまでのシリーズとの違いをいくつかピックアップしてみます。

・踏んでも敵は死なない
ピーチ姫が敵を踏んでも、敵はひっくり返るだけで、倒すことは出来ません。カッサーを振って当てれば倒せます。基本的には敵をひっくり返したら、持ち上げてカッサーに食べさせて喜怒哀楽ゲージを回復、というのが一番有用でしょう。

・ステージ中のピノキオを助ける
これは『マリオワールド』の「ドラゴンコイン」に近いでしょう。ステージ中に3人ピノキオが隠されていて、全員たすけると印がつきます。見つけられなくてもステージクリアは出来ます。

・残機制でない(?)
残機表示が見られないので、そういう概念はないようです。ハートで表示されている体力がゼロになると、単純にステージやり直しになるのではないでしょうか。しかしながら、1-6までクリアしたも一回もハートがゼロにならなかったので、確証はないですが。

・コインで能力が買える
ステージで集めたコインはどんどん蓄積され、コインを用いておみせでカッサーの特殊能力を買うことができます。コイン200枚か300枚で「フワフワカッサー」が買えた記憶があります。

その他、ステージ中にジグソーパズル用のピースが転がっていたり、オープニングにミニゲームがあったりと、さまざまなこれまでにない要素がありました。

違いは多々ありますが、基本は『マリオ』とまったく同じです。マリオよりもっと優雅てゆったりな動き、という感じで操作感は少し違いますが、きちんと思ったとおりに動いてくれます。序盤の難易度ととしては、先に書いたとおり、1-1から1-6までプレイして、1回もハートはゼロにならないレベルですので、ある程度低い感じです。個人的には、カッサーの特殊能力を買ったら後半もそこまで難しくないが、買わないとかなり難易度がアップする、というような展開を期待したいです。全体的には、(難易度含めて)ピーチ姫バージョンにしてみた『スーパーマリオブラザーズ』という、まったくそのままな印象でした。『NEWスーパーマリオ』を待てない、変化球でもいいから2Dマリオの新作をプレイしたい、という方は一度プレイしてはいかがでしょう。まんまマリオですから。

DS『スーパープリンセスピーチ』は10月20日発売予定で、価格は4800円です。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  2. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

    「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  3. クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

    クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

  4. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  5. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  6. 3DS『アライアンス・アライブ』発売日が2017年3月30日に決定!店舗別予約特典情報も

  7. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  8. 『ミートピア』主人公も仲間も大魔王も“Mii”で配役! 「みんなのMii」機能で手軽に楽しむことも…最新映像で魅力に迫る

  9. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  10. 3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』紹介映像公開…新たな「ナイトメアボンビー」の勇姿も

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top