人生にゲームをプラスするメディア

クリスマスはこれ? 英紙デイリーテレグラフも『Nintendogs』を取り上げる

任天堂 DS

お堅い保守系高級紙として知られる英国の日刊紙・デイリーテレグラフが紙面の「ニューアイテム」のコーナーで小さな『Nintendogs』の賞賛記事を書いています。新製品などに疎いこの新聞が珍しい記事を載せているので目に留まったと、Cubed3.comは書いています。以下はその抜粋です。

小さく、可愛らしく、それは英国のゲームシーンを嵐に巻き込もうとしています。『Nintendogs』はプレイヤーが画面上の犬と会話したり遊んだりすることのできるコンピューターゲームで、クリスマスのベストセラータイトルの1つとして売り込まれています。

日本とアメリカで『Nintendogs』は大人と子供の両方に支持されて文化現象となりました。

携帯ゲーム機・ニンテンドーDSにデザインされたこの作品は90年代終わりからある「たまごっち」などのバーチャルペットの最新版です。

しかし「たまごっち」とは異なり犬は実際に存在する犬のように振る舞い、水や食べ物を求め、飼い主への愛情を示し、ボールをキャッチしたり、他の犬と出会い、ドッグショーに参加することができます。

ニンテンドーDSのタッチスクリーンや音声認識を用いて、飼い主は犬を撫でたり、声で指示を与えて芸を教えたりすることが出来ます。

更にDSは他のゲーム機と通信する機能を備えていて、半径100メートル以内にいる他の犬と通信して友達になったり、贈り物を交換することもできます。


ということでイギリスでも『Nintendogs』はサンタさんの袋の中に沢山はいってそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る